コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山田 かみやまだ

4件 の用語解説(上山田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上山田
かみやまだ

長野県北部,長野盆地南端,千曲川の左岸にある地域。旧町名。 1949年町制。 1955年力石村と合体。 2003年更埴市,戸倉町と合併し千曲市となった。中心集落の上山田は千曲川に沿う温泉街で,戸倉地区とともに戸倉上山田温泉街を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かみやまだ【上山田】

長野県北部、千曲市の千曲川中流西岸に沿う温泉町。西部に冠着かむりき山(姨捨おばすて山)がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上山田
かみやまだ

長野県北部、更級(さらしな)郡にあった旧町名(上山田町(まち))。現在は千曲(ちくま)市南部の地域。1949年(昭和24)町制施行。1955年力石(ちからいし)村と合併。2003年(平成15)更埴(こうしょく)市、戸倉(とぐら)町と合併し、千曲市となる。上山田の地名は千曲市の一部に「上山田温泉」として残る。旧上山田町地区は、千曲川の左岸に位置し、西は急峻(きゅうしゅん)な山地である。街は西部の山地と千曲川に挟まれた狭長な場所にある。しなの鉄道戸倉駅からバスの便があり5分。上山田温泉は明治中期から千曲川の河床に湧出(ゆうしゅつ)する温泉を掘削した新しい温泉であるが、隣の戸倉温泉と実質的に一体となり、戸倉上山田温泉を形成している。力石はカーネーションの栽培やリンゴの産が多い。城山(じょうやま)には城山公園や善光寺別院が、河畔には万葉歌碑、西部に冠着(かむりき)山(姨捨(おばすて)山)があって観光名所になっている。[小林寛義]
『『上山田町史』(1963・上山田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上山田の関連キーワード千曲川戸倉上山田温泉屋代千曲川のスケッチ更埴[市]戸倉[町]更埴〈市〉戸倉〈町〉長野県千曲市屋代北信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上山田の関連情報