コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山藩 かみのやまはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上山藩
かみのやまはん

江戸時代,出羽国村山郡上山地方 (山形県) を領有した藩。元和7 (1621) 年最上氏一族上山氏改易ののち,松平 (能見) 氏3万石,蒲生氏4万石,土岐氏2万 5000石,金森氏3万 7000石を経て,元禄 10 (97) 年松平 (藤井) 信通が備中 (岡山県) 庭瀬より入封,3万石を領し 10代在封。明治1 (1868) 年 3000石減封,廃藩置県にいたる。松平 (藤井) 氏は譜代,江戸城帝鑑間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かみのやまはん【上山藩】

江戸時代出羽(でわ)国村山郡上山(現、山形県上山市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩(一時外様(とざま)藩)。藩校は天輔館(てんぽかん)(のち明新館(めいしんかん)と改称)。山形県の大半を領有していた最上(もがみ)氏が1622年(元和(げんな)8)に改易(かいえき)され、当地には譜代大名で遠江(とおとうみ)国横須賀藩の藩主松平(能見(のみ))重忠(しげただ)が4万石で入封(にゅうほう)、上山藩が成立した。その後、外様大名の入封、幕府領などを経て、1697年(元禄10)に譜代で備中(びっちゅう)国 庭瀬(にわせ)藩の藩主松平(藤井)信通(のぶみち)が3万石で入封、以後は明治維新まで松平氏10代が続いた。中期以後は農村が荒廃し、藩財政も窮乏、大規模な一揆も起きた。天明(てんめい)~寛政(かんせい)年間(1781~1801年)には藩政改革を巡って藩主と側近の間で政争が繰り返された。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越(おううえつ)列藩同盟に加わって新政府軍と戦ったが降伏。1871年(明治4)の廃藩置県により、上山県を経て山形県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上山藩
かみのやまはん

出羽(でわ)国(山形県)村山地方の南部を領有した藩。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)上山城主は山形藩最上(もがみ)氏の重臣であったが、1622年(元和8)最上氏の改易により、上山には譜代(ふだい)大名能見(のみ)松平重忠(しげただ)4万石が封ぜられ、1626年(寛永3)外様(とざま)大名蒲生忠知(がもうただとも)が在封、翌年より山形藩鳥居氏の城代管理、1628年に土岐(とき)氏が入部し、頼行(よりゆき)・頼殷(よりたか)と2代65年間、上山藩を統治した。一時幕領となったあと、1692年(元禄5)金森頼時(よりとき)(外様)が在封、1697年、譜代の藤井松平氏3万石が入部し、以来幕末まで続いた。藩主は、信通(のぶみち)、長恒(ながつね)、信将(のぶまさ)、信亨(のぶあきら)、信古(のぶふる)、信愛(のぶさね)、信行(のぶゆき)、信宝(のぶたか)、信庸(のぶつね)、信安(のぶやす)。上山藩領は城付領としての上郷1万7000石余と須川(すがわ)、寒河江(さがえ)川下流域に中・下郷1万3000石余が散在したが、1814年(文化11)、中・下郷分は越後(えちご)国(新潟県)三島・刈羽(かりは)2郡の一部と替地になっている。18世紀のなかば藩財政の窮乏が深まり、農村の荒廃は増大した。1747年(延享4)、年貢納入の強化や流通統制に対して惣百姓一揆(そうびゃくしょういっき)が起こった。天明(てんめい)・寛政(かんせい)年間(1781~1801)には藩政改革をめぐり政争を繰り返したが、1809年(文化6)藩校天輔(てんぽ)館(のち明新館)が設置されている。幕末には中老金子与三郎が「社倉」や教導方を設置し、兵制改革などの藩政改革を実施したことでも有名である。1871年(明治4)廃藩置県により、上山県を経て山形県に編入された。[横山昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

上山藩の関連キーワード山形県上山市松平 信安萩原諏訪城山形(県)大森 治豊上山(市)外様大名藩政改革譜代大名高山陣屋土岐頼行増島城高山城上山城藩庁

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上山藩の関連情報