コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須川 すかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須川
すかわ

山形県東部,山形盆地の南部を北流する最上川支流。全長約 43km。奥羽山脈蔵王山の南,舟引山に源を発し,上山 (かみのやま) 盆地で流路を西から北に変え,蔵王川,酢川を合流して山形盆地に入り,天童市で最上川に注ぐ。酢川は,蔵王温泉に発する酸性の強い川で,合流後の下流部の水は,農業用水としては不適。灌漑用水には,天保4 (1833) 年に築かれた松原新堰から,酢川合流前の水を揚水して利用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すかわ【須川】

山形県南東部を流れる最上川の支流。奥羽山脈の舟引山に源を発し,上山盆地で金山川,前川,蔵王川,酸(す)川などの支流を合流し,山形盆地に入って馬見ヶ崎(まみがさき)川,立谷川などを合わせて北流し,天童市寺津西方で最上川に流入する。幹川流路延長44km,全流域面積約682km2。蔵王川合流点より上流は,かつて宮川とよばれた。途中で蔵王火山に源を発する蔵王川,酸川の強酸性河川を合流するため,最上川に合流するまで灌漑用水にも利用できない死の川で,須川の名もこの水質に由来する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須川
すかわ

山形県の南東部を流れる川。最上(もがみ)川の支流の一つ。奥羽山脈の舟引(ふなひき)山に源を発し、山形盆地を北流して天童(てんどう)市南西部の寺津で最上川に合流する。延長45キロメートル。流域面積682平方キロメートル。途中、蔵王(ざおう)火山に源を発する蔵王川、酸(す)川を合流するが、これらの支流は強酸性の河川で、須川の名も酸性の水質に由来する。そのため下流で馬見ヶ崎(まみがさき)川、立谷(たちや)川などを合流するが、灌漑(かんがい)用水としての利用はむずかしい。江戸時代には沿岸に船町(山形市)、寺津(天童市)などの河港が栄えた。[中川 重]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須川の関連キーワードトルヴェール・クヮルテット秋田県雄勝郡東成瀬村椿川飛ぶ夢をしばらく見ない秋田県雄勝郡東成瀬村カワゴロモ(川衣)岩手県一関市厳美町倶利伽羅県定公園桂米丸(4代)マクシモビッチ須川[温泉]朝倉橘広庭宮西有家[町]須川宿資料館栗駒国定公園山形[市]一関[市]六合[村]新治[村]福島[市]薬湯めぐり

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須川の関連情報