コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竈戸関 かまどのせき

2件 の用語解説(竈戸関の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かまどのせき【竈戸関】

竈門関とも書く。現在の山口県熊毛郡上関町大字長島にあった中世の海関兼海港。竈戸の呼称は地形が竈に似ているためという。地名としての初見は10世紀半ばに黒作御贄(みにえ)をささげる竈門御厨(みくりや)で,この時代には熊毛半島,佐護島,馬島,長島に囲まれた天然の良港を利した海民の基地であった。平安末には京都上賀茂の別雷(わけいかずち)社領として竈戸関の名が見えるので,平安後期に良港でかつ周防沿岸航路を扼(やく)する位置にあるところから海関となったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竈戸関
かまどぜき

山口県南東部、熊毛(くまげ)郡上関(かみのせき)町の上関の古代、中世の呼称。京都賀茂(かも)社の荘園(しょうえん)で、上関海峡を扼(やく)す西瀬戸内の要港であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竈戸関の関連キーワード山口県立大学下関馬関防長熊毛半島玖珂郡熊毛郡三丘金牡丹福霞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone