下郷(町)(読み)しもごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下郷(町)
しもごう

福島県中南部、南会津郡東部にある町。1955年(昭和30)楢原(ならはら)町と江川、旭田(あさひだ)の2村が合併して成立。阿賀川(あががわ)(大川)の中流部を占め、東は鎌房(かまぶさ)火山群の二岐(ふたまた)山、西は駒止(こまど)高原に及ぶ。阿賀川に沿って会津鉄道、国道121号が走り、楢原で国道289号を分岐する。楢原、倉谷とともに下野(しもつけ)街道(南山通り)の宿駅であった大内(おおうち)は現在の国道から外れたため、宿場のおもかげをよく残し、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。産業はワイン用のブドウ栽培、稲、野菜栽培などの農業が主体で、近年ではリンドウなどの花卉(かき)栽培も行われる。中山の風穴地特殊植物群落、阿賀川の奇勝「塔のへつり(岪)」は国指定天然記念物。阿賀川沿いに湯野上(ゆのかみ)温泉がある。旭田寺(きょくでんじ)の観音堂(かんのんどう)(室町時代)は国指定重要文化財。町の南東部には観音沼森林公園と岳観世音がある。面積317.04平方キロメートル(境界一部未定)、人口5800(2015)。

[安田初雄]

『『下郷の歴史』(1966・下郷町)』『『下郷町史』全8巻(1980~ ・下郷町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例