コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不均等発展の法則 ふきんとうはってんのほうそく Gesetz der ungleichmässigen Entwicklung; law of uneven development

3件 の用語解説(不均等発展の法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不均等発展の法則
ふきんとうはってんのほうそく
Gesetz der ungleichmässigen Entwicklung; law of uneven development

マルクス経済学の用語。資本主義体制のもとでは,企業間,産業部門間,国家間の経済発展は不均等になるという法則。一般に資本主義社会では利潤動機に基づく企業間の競争によって,経済発展は無政府的に行われていく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふきんとうはってんのほうそく【不均等発展の法則 law of uneven development】

V.I.レーニンが1915年8月23日号の《ソツィアル・デモクラート》の中で,ドイツオーストリアロシアの君主制を打倒し共和制的な〈ヨーロッパ合衆国〉を創設すべきであるとのスローガンを批判し,プロレタリア階級を主体にした政治運動を展開しおのおのの社会主義革命を目指すべきであると主張した際の論拠に用いられたのが,〈不均等発展の法則〉である。これは,16年の《帝国主義論》の第7章でも,具体的に述べられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不均等発展の法則
ふきんとうはってんのほうそく
law of uneven development英語
Gesetz der Ungleichmigkeit Entwicklungドイツ語

資本主義社会では、諸資本(企業)間、生産諸部門間、諸国家間の発展が、不均等に進むという法則。自由競争を原理とする資本主義のもとでは、個別資本(企業)内部では綿密な計画によって生産が行われているにもかかわらず、社会総体としては無計画で、もっぱら個々の資本の利潤追求のために生産が行われる。そのため、諸資本(企業)間の発展は不均等にならざるをえない。また、資本の蓄積が不断の技術革新による有機的構成の高度化を基調として行われるため、生産諸部門のうち、生産手段生産部門(第一部門)が、消費手段生産部門(第二部門)よりもより急速に発展する傾向にある。部門間の不均等発展は、恐慌の究極の根拠(生産と消費の矛盾)の一般的基礎となる。
 独占が支配的原理となる帝国主義の時代には、一方での巨大独占体間の競争による飛躍・発展と、他方での独占の価格支配による停滞・腐朽を生み、不均等発展はよりいっそう激化する。また、地球上のあらゆる地域が、先進帝国主義国によって分割され尽くしたこの段階では、後進国の急速な発展は、植民地の再分割をめぐる戦争(帝国主義戦争)を不可避とする。帝国主義戦争の不可避性から一国社会主義革命の可能性を説いたのは、ロシア革命の指導者レーニンであった。
 1929年大恐慌後、ケインズ政策による政治の経済への介入強化によって、不均等発展の法則は抑制され、景気循環の波も弱まった。第二次世界大戦後の社会主義体制出現と冷戦体制の成立は、諸国家間の対抗を後景に退けた。しかし、冷戦下におけるEEC(ヨーロッパ経済共同体、後のEU=ヨーロッパ連合)や日本、東アジアNICS(ニックス)(新興工業国、後のNIES(ニーズ)=新興工業経済地域)の台頭は、1970年代の二度のオイル・ショックを契機に、英米に新自由主義政策への転換を迫り、金融の自由化をはじめとする規制撤廃を通じて市場原理主義を復活させた。
 とくに社会主義体制が崩壊した冷戦後、アメリカは一極支配の下でグローバル化・IT(情報技術)化を推し進め、中国、インドの台頭がもたらした産業のいっそうの「空洞化」を、FT(金融技術)によって黒字国の余剰資金を還流して補填(ほてん)し、バブルに依拠した高度消費社会を創出して世界経済を牽引(けんいん)する、ポスト冷戦世界を築きあげた。
 しかし、2008年アメリカの住宅バブル崩壊によるサブプライムローン問題が引き起こした金融危機は、市場原理のもとで激化していた不均等発展が生み出した過剰生産を露呈させ、ふたたび新自由主義政策の破綻(はたん)を招いた。[久保新一]
『長島誠一著『現代の景気循環論』(2006・桜井書店) ▽富塚良三著『再生産論研究』(2007・中央大学出版部) ▽水野和夫著『金融大崩壊――「アメリカ金融帝国」の終焉』(日本放送出版協会・生活人新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不均等発展の法則の関連キーワード筋力トレーニングトレーニングウエアマルクスレーニン主義高所トレーニングボイストレーニングレジスタンストレーニング自主トレーニングレーニン丘レンアイ漫画家レーニン号

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone