与島(読み)よしま

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕与島(よしま)


香川県北西部、備讃(びさん)瀬戸に浮かぶ島。面積1.1km2。坂出(さかい)市に属する。瀬戸大橋のパーキングエリアが設置され、観光船・遊覧ヘリコプター乗り場などの観光施設が急増した。かつては花崗(かこう)岩を産出したが、現在は輸入石材による加工業に転換。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与島
よしま

香川県北西部、備讃(びさん)瀬戸に浮かぶ塩飽(しわく)諸島の一つ。坂出(さかいで)市に属す。面積1.10平方キロメートル。花崗(かこう)岩からなり、与島石の切り出しが盛んであったが、最近は外国の石に押されている。漁業、畑作農業が主産業で、かつての塩田は埋め立てられて学校用地などになった。本四連絡架橋の児島(こじま)―坂出ルートにあたり、瀬戸中央自動車道のパーキングエリアがある。属島に小(こ)与島(2009年人口13)がある。南部の鍋島(なべしま)灯台は瀬戸内海では最古の灯台(1872年設置)の一つ。人口201(2009)。[稲田道彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の与島の言及

【塩飽諸島】より

…〈しあくしょとう〉とも呼ぶ。おもな島は塩飽七島と呼ばれる本島(ほんじま),広島,牛島,手島(以上丸亀市),櫃石(ひついし)島,与島(坂出市),高見島(多度津町)である。古来,内海の水運の拠点であった。…

※「与島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与島の関連情報