コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原氏 なかはらうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中原氏
なかはらうじ

古代以来の廷臣。初め十市宿禰 (とおちのすくね) を称したが,天禄2 (971) 年中原氏を称した。大外記世襲明経道 (みょうぎょうどう) ,明法道 (みょうぼうどう) の博士家嫡流室町時代から押小路 (おしのこうじ) 氏を称し,明治には男爵を授けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかはらうじ【中原氏】

明経(みようぎよう)道の博士家で,また代々局務(きよくむ)(大外記(だいげき)の上首)を世襲した氏。本姓は十市宿禰(とおちのすくね)。大宰少典勝良の孫有象のときの971年(天禄2)に中原宿禰を賜り,さらに974年(天延2)に朝臣(あそん)となった。代々太政官の大外記,少外記に任ぜられた。またこれとともに,勝良の子良佐が明経道の教官となって以後,代々明経博士に任じられ,このため清原氏とともに明経博士を世襲し,明経道が家学となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中原氏
なかはらうじ

本姓は十市宿禰(とおちのすくね)で、大宰少典(だざいのしょうてん)勝良(かつよし)を祖とする。勝良の孫有象(ありかた)は965年(康保2)から967年にかけて『類聚符宣抄(るいじゅうふせんしょう)』に大学博士(はかせ)十市宿禰とある。有象のとき初めて中原氏を賜り、974年(天延2)朝臣(あそん)を賜った。有象および父春宗(はるむね)はともに少外記(しょうげき)となり、有象の子致時(むねとき)は大外記となり、清原氏と並んで明経道(みょうぎょうどう)の博士家として家学を伝え、またいわゆる局務家として一家をなした。南北朝時代の初め、大外記師右(もろすけ)の二男師守(もろもり)に至って初めて押小路(おしこうじ)を称したが、嫡流にあっても室町時代中期、大外記師富(もろとみ)のころから同じく押小路を称し、子孫は長く大外記職を世襲して、壬生(みぶ)家とともに両局と称された。南北朝期の重要史料『師守記』をはじめ、江戸時代を通じての歴代の家職日記がある。[福井俊彦]
『布施弥平治著『明法道の研究』(1966・新生社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中原氏の言及

【供御院】より

…鎌倉後期,預職には磯部氏の中で道理を帯した人が補任されることになっており,大炊寮の寮家任符を与えられたのち,寮家挙状によって正式の宣旨が下るという手続で補任された。大炊頭を世襲した中原氏は,この補任権を手がかりに,預職とその所領を押さえようとし,鎌倉末期,磯部氏との間に相論がおこっているが,この中原氏の試みは,ここでは失敗している(《綸旨抄》)。【網野 善彦】。…

【外記】より

…外記の上首を局務(きよくむ)という。平安時代の半ば以降,大外記は清原氏・中原氏の2氏が世襲した。【早川 庄八】。…

【文殿】より

… 院文殿も元来は書籍・文書を保管し,文殿作文会に象徴されるように,院中の文事をつかさどる機関であった。その職員を衆あるいは寄人(よりうど)といい,外記・史や明経以下諸道の官人ら10人前後をこれにあて,そのうち1人を開闔(かいこう)として衆中を統轄させたが,後白河院以降,大外記中原氏が開闔を世襲したという。ところが1246年(寛元4)後嵯峨上皇が院中に評定衆と伝奏を置き,評定と奏事をもって政務を運営するに及び,評定目録や奏事目録などを文殿に保管し,文殿の明法官人らに訴訟の審理・勘申を命じ,さらに文殿に庭中(法廷)を開くに至った。…

※「中原氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中原氏の関連キーワード師遠年中行事野市[町]宇都宮氏中原師遠和気貞説福井俊彦中原師員中原基広平田職忠長者宣康富記刑部省倉月荘大炊寮礼博士家職儒者真恵慶祚

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中原氏の関連情報