コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国のキリスト教 ちゅうごくのキリストきょう

2件 の用語解説(中国のキリスト教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国のキリスト教
ちゅうごくのキリストきょう

中国におけるキリスト教の宣教は,7世紀のネストリウス派宣教師阿羅本 (あらほん) によって始められ,唐時代に景教の名で広まったが,会昌5 (845) 年迫害を受け,端拱1 (988) 年消滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国のキリスト教

憲法は信仰の自由を保障しているが、宗教は政府管理下に置かれ、公認団体しか活動が認められない。プロテスタントは中国キリスト教協会と中国キリスト教三自愛国運動委員会、カトリック天主教愛国会。政府が公表している信者数は、プロテスタントが約1800万人、カトリックが約560万人。「地下教会」はこの枠外にある。

(2009-07-27 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国のキリスト教の関連キーワード言論の自由出版の自由信教の自由不当労働行為四つの自由良心の自由思想の自由身体の自由居住・移転の自由信仰の自由

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone