コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華興会 かこうかい Hua-xing hui; Hua-hsing hui

6件 の用語解説(華興会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

華興会
かこうかい
Hua-xing hui; Hua-hsing hui

中国,清末の革命団体。光緒 29 (1903) 年,黄興宋教仁らが湖南省人を中心に結成したもので,会党員や日本留学生が多い。湖南出身の王船山の影響で民族主義的色彩が強烈である。武装蜂起失敗後,黄興らは日本に亡命したが,同 31年,孫文らと合し,中国革命同盟会に結集し,黄は孫に次ぐ指導者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこう‐かい〔クワコウクワイ〕【華興会】

中国清末の1904年、黄興(こうこう)・宋教仁(そうきょうじん)らによって湖南地方で結成された革命団体。1905年興中会光復会とともに中国革命同盟会に統合。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

華興会【かこうかい】

中国,清末の革命団体。1904年春,主として湖北省・湖南省出身者を結集して,黄興・宋教仁・陳天華らを幹部として結成された。1905年には,孫文らの興中会,章炳麟らの光復会とともに中国同盟会大同団結したが,会党(宗教的秘密結社で,地方で反政府活動を繰り返した)の支援を受けたこの3団体のなかでは最も行動的・活動的であった。
→関連項目哥老会宋教仁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かこうかい【華興会 Huá xīng huì】

中国,清末の民族・民主革命結社。帝政ロシアの東北(旧満州)侵略を引金に,留日学生出身の黄興,陳天華らが,1904年(光緒30)2月,長沙で宋教仁,譚人鳳らとともに結成した。同仇会は,会党哥老会の頭目馬福益の協力を得て作られた別働隊で,日本軍を手本に組織され,数万~10万人を動員したという。同年秋,西太后爆殺計画が漏れて,黄興らは日本に亡命した。そして翌年,東京で革命派の大同団結が成り,華興会も中国同盟会へと発展的解消をとげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かこうかい【華興会】

中国清末、湖南に基盤をおいた革命団体。1903年末頃黄興らにより留日学生を中心に長沙で結成。民族主義的傾向が強く、1905年、中国革命同盟会の成立に参加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華興会
かこうかい

(しん)末の中国に発生した民族主義的な革命団体の一つ。義和団事件(1900)後に、日本に留学していた学生など中国のインテリゲンチャが革命化するにつれて、中国各地に革命組織がつくられていったが、湖南省では1904年2月に黄興(こうこう)を会長に、宋教仁(そうきょうじん)、陳天華(ちんてんか)ほか500余名が結集して、省都(長沙(ちょうさ))に華興会が組織された。「一省に雄拠し各地と紛起する」ねらいをもって、秘密結社(哥老(かろう)会の一派)と組み、同仇(どうきゅう)会を組織して、11月に反清(はんしん)武装蜂起(ほうき)を企てたが、事前に計画が漏れて失敗に終わり、黄・宋らは日本に亡命した。翌年、革命諸派が結集して、東京で中国同盟会が組織されたとき、華興会も有力な構成団体の一つとなった。[野澤 豊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の華興会の言及

【会党】より

…興中会は華南の三合会,華中の哥老会のいくつかの山堂の首領と連絡して,会党と革命党の連絡組織としての興漢会を作り,さらに海外の洪門(致公堂)とも連絡した。また華興会,光復会も哥老会と結んでそれぞれ同仇会,竜華(りゆうげ)会を組織した。それらはいずれも会党が革命党の理論と指導を受けいれてできたものである。…

※「華興会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

華興会の関連キーワード興中会三民主義中国革命同盟会虚無党帝政ロシアニヒリスト中国同盟会孽海花コノワーロフ南社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

華興会の関連情報