コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中標津町 なかしべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中標津〔町〕
なかしべつ

北海道東部,標津川の上・中流域を占める町。知床山地の南西麓,根釧台地の北部に位置する。 1950年町制。酪農とジャガイモ,テンサイの栽培が主産業。中心集落の中標津は,1934年国鉄標津線開通 (87廃線) 後,根室支庁内陸農業地域の中心地として発展し,乳製品工場が立地。山麓に根釧台地,野付半島国後島を一望できる開陽台があり,摩周湖東側の山岳帯は阿寒国立公園に属する。国道 272号線が通り,東部の中標津空港からは札幌や東京への定期便がある。面積 684.87km2。人口 2万3774(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中標津町の関連情報