コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中洲 ナカス

6件 の用語解説(中洲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なかす【中洲】

福岡市博多区の地名。那珂川(なかがわ)の中州にあり、劇場・飲食店が多い。

なかず【中洲】

東京都中央区日本橋の地名。明和8年(1771)隅田川と箱崎川の分かれる三股(みつまた)とよばれた所を埋め立ててつくられた。茶屋が立ち並び繁栄。寛政元年(1789)取り払われ、明治19年(1886)再び埋め立てられて大正期までにぎわった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なかす【中洲】

福岡市博多区、那珂川の川中島にある歓楽街。

なかず【中洲】

東京都中央区日本橋、隅田川西岸、新大橋南方の埋め立て地。安永年間(1772~1781)に完成し、納涼地・岡場所として栄えた。中洲新地。俗称、三股みつまた

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕中洲(なかす)


福岡県福岡市博多区にある地域名。
福岡市を代表する歓楽街。博多区北西部、那珂(なか)川と博多川がつくった三角州に位置する。城下町福岡と商人町博多の境をなした川中島が起源。明治末期の飲食街から第二次大戦後、一大歓楽街に発展。飲食店やホテルライブハウスゲームセンターなどの娯楽施設が並ぶ。大型商業施設ゲイツが開業。

〔福岡県〕中洲(なかす)


福岡市随一の歓楽街。博多(はかた)区北西部、那珂(なか)川と博多川がつくった川中島に位置する。城下町福岡と商人町博多の境をなした地で、明治末期の飲食街から第二次大戦後、一大歓楽街に発展。映画館・遊技場・飲食店・ホテルなど、各種の娯楽・遊興施設が集まる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中洲の関連キーワード福岡市動物園アミュプラザ博多キャナルシティ劇場キャナルシティ博多博多駅地下街博多座博多デイトスHAKATA Mist福岡シティ劇場マリンメッセ福岡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中洲の関連情報