中洲(読み)なかず

精選版 日本国語大辞典「中洲」の解説

なかず【中洲】

東京都中央区北東部の地名日本橋浜町の南側、清洲橋の西側にある埋立地。明和八年(一七七一大川隅田川)と箱崎川との分流点を埋め立てて竣工した。埋立後、茶屋が並び、吉原焼失の際仮宅が設けられたこともあり、私娼も多くにぎわった。寛政元年(一七八九)取り払われ、明治一九年(一八八六)再び埋め立てられた。昭和二二年(一九四七)から日本橋中洲となった。俗称、三股三叉、三ツ俣とも書く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中洲」の解説

なかず【中洲】

東京都中央区日本橋の地名。明和8年(1771)隅田川と箱崎川の分かれる三股みつまたとよばれた所を埋め立ててつくられた。茶屋が立ち並び繁栄。寛政元年(1789)取り払われ、明治19年(1886)再び埋め立てられて大正期までにぎわった。

なかす【中洲】

福岡市博多区の地名。那珂川なかがわ中州にあり、劇場・飲食店が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android