コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻化 ゲンケ

4件 の用語解説(幻化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げん‐け【幻化】

仏語。幻と化。幻はまぼろし、化は仏・菩薩(ぼさつ)の神通力による変化(へんげ)。実体のない事物、また、すべての事物には実体のないことのたとえ。

げんか〔ゲンクワ〕【幻化】

梅崎春生長編小説。昭和40年(1965)「新潮」誌に発表された著者の遺作。同年、第19回毎日出版文化賞受賞。雑誌掲載時の題名は、小説前半が「幻化」、後半が「火」とされていたが、単行本化の際にまとめられた。自らの過去の記憶を求め、南九州を旅する精神疾患の男を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんけ【幻化】

まぼろしと神通力による変化へんげ。一切の事象には実体がないということ。 「人の心不定なり。物皆-なり/徒然 91

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻化
げんか

梅崎春生(はるお)の中編小説。1965年(昭和40)6月号の『新潮』に前半を「幻化」、8月号の同誌に後半を「火」の標題で発表、絶筆となった。同年、単行本として新潮社より刊行。毎日出版文化賞を受ける。東京の精神病院を抜け出した五郎が、戦争中に海軍生活を送った九州まで記憶を確かめにやってくるが、その旅の途中、五郎の分身ともいうべき予期せざる同伴者(映画会社のセールスマン)につきまとわれ、とうとう阿蘇(あそ)山の火口で自殺の賭(か)けをする。五郎がよろめき歩く男に心の中で「しっかり歩け」と声援を送る結末は、ついに自作自演の追悼の辞となった。[古林 尚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幻化の関連キーワード幻の世すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えたまぼろしの怪盗幻の四重奏幻の肖像画幻の露幻の特装本幻の森雪乃幻

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幻化の関連情報