コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻化 ゲンケ

デジタル大辞泉の解説

げん‐け【幻化】

仏語。と化。幻はまぼろし、化は仏・菩薩(ぼさつ)の神通力による変化(へんげ)。実体のない事物、また、すべての事物には実体のないことのたとえ。

げんか〔ゲンクワ〕【幻化】

梅崎春生長編小説。昭和40年(1965)「新潮」誌に発表された著者の遺作。同年、第19回毎日出版文化賞受賞。雑誌掲載時の題名は、小説前半が「幻化」、後半が「火」とされていたが、単行本化の際にまとめられた。自らの過去の記憶を求め、南九州を旅する精神疾患の男を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんけ【幻化】

まぼろしと神通力による変化へんげ。一切の事象には実体がないということ。 「人の心不定なり。物皆-なり/徒然 91

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻化
げんか

梅崎春生(はるお)の中編小説。1965年(昭和40)6月号の『新潮』に前半を「幻化」、8月号の同誌に後半を「火」の標題で発表、絶筆となった。同年、単行本として新潮社より刊行。毎日出版文化賞を受ける。東京の精神病院を抜け出した五郎が、戦争中に海軍生活を送った九州まで記憶を確かめにやってくるが、その旅の途中、五郎の分身ともいうべき予期せざる同伴者(映画会社のセールスマン)につきまとわれ、とうとう阿蘇(あそ)山の火口で自殺の賭(か)けをする。五郎がよろめき歩く男に心の中で「しっかり歩け」と声援を送る結末は、ついに自作自演の追悼の辞となった。[古林 尚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

幻化の関連キーワードロマンス(文芸用語)冨田 渓仙梅崎 春生幻化忌五郎着す仏語虚偽

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android