コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴生坂 はにゅうざか

2件 の用語解説(埴生坂の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

埴生坂【はにゅうざか】

古代の丹比(たじひ)道羽曳野(はびきの)丘陵を東西に越える坂。大阪府羽曳野市内とされる。《古事記》《日本書紀》の履中天皇に関する説話によると,仁徳天皇の死後住吉仲皇子に襲われた皇太子(のちの履中天皇)が難波(なにわ)宮(現大阪市中央区)を逃れて大和に向かう途中,埴生坂を通ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はにゅうざか【埴生坂】

河内と大和とを結ぶ丹比道(たじひみち)(近世の竹内街道にほぼ相当する)に沿った,大阪府羽曳野市野々上付近に想定されている坂。記紀に見える伝承によれば,仁徳天皇没後に起こった住吉仲皇子の反乱に際し,皇太子であった後の履中天皇が埴生坂まで逃れて,燃えさかる難波宮を見て歌を詠んだという。また,《日本書紀》大化5年(649)3月条の丹比坂も,この埴生坂と同一である可能性が大きい。仁賢天皇の埴生坂本陵や来目皇子の河内埴生山岡上墓の表記を参照すると,現在の羽曳野丘陵を指して埴生山と称している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の埴生坂の言及

【土師氏】より

…応神天皇陵古墳を盟主とする古市古墳群が羽曳野丘陵の近傍に所在するのも,理由のあることであった。なぜなら,仁賢天皇の埴生坂本陵,来目皇子の河内埴生山岡上の墓,履中即位前紀に見える埴生(はにゆう)坂の表記からすると,現在の羽曳野丘陵は古代には埴生山と呼ばれており,埴生とはハニの豊富にある場所の意だからである。 土師氏には,4系統が知られており,それぞれハニや大王墓の分布と対応している。…

※「埴生坂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

埴生坂の関連キーワード綬を結ぶ名張松原多治比乙麻呂丹比笠麻呂多治比国人丹福成多治比水守丹墀池子丹墀門成

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone