コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久我荘 こがのしょう

百科事典マイペディアの解説

久我荘【こがのしょう】

山城国乙訓(おとくに)郡の荘園。現京都市伏見区久我一帯。久我家領。12世紀初めにこの地に久我家別邸が営まれ,12世紀末に同家領となった。その後,久我本荘(下荘)と久我新荘(上荘)に分かれたが,久我家領のまま近世を迎えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こがのしょう【久我荘】

山城国乙訓郡(現,京都市伏見区)にあった久我家の名字の荘園。12世紀初めにこの地に久我家の別荘久我水閣があり,12世紀末に久我荘は源(久我)通親領となった。その後,上久我荘(久我新荘)と下久我荘(久我本荘)に分かれ,久我家領として戦国末まで存続。1396年(応永3)の上・下久我荘の検注帳,99年の下司名と考えられる成次名の検注帳があり,屋敷,藪林などを合わせて上久我荘は104町余,下久我荘は50町余,成次名は12町余が記載されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久我荘
こがのしょう

山城(やましろ)国乙訓(おとくに)郡久我(京都市伏見(ふしみ)区)にあった久我家の名字地荘園。すでに12世紀初め久我家別邸の久我水閣(久我山荘)がこの地につくられ、やがて久我本・新荘(下(しも)・上(かみ)荘)として中世を通じその家産経済を支えた。1396年(応永3)の検注帳写(うつし)によれば、池などを含む総面積は上荘104町余、下荘50町余で、それぞれ多数の名請(なうけ)人がいたが、上荘で9名、下荘で16名の名(みょう)がみえ、夫役(ぶやく)などの徴発はこれら名の「当名主(とうみょうしゅ)」を責任者とする体制であった。久我家の領知は織豊(しょくほう)政権によっても安堵(あんど)されるが、1601年(慶長6)の領主替えで消滅する。なお上荘の氏神菱妻(ひしづま)神社(伏見区久我石原町)を中心に荘民の宮座があった。[久留島典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

久我荘の関連キーワード荘園(日本)名・名田均等名名主宮座預所

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android