コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久松潜一 ひさまつ せんいち

8件 の用語解説(久松潜一の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久松潜一

国文学者。愛知県生。東大卒。女子学習院・一高教授を経て昭和11年に東大教授となる。研究分野は広く上代から近世国学に及ぶが、特に契沖の研究・和歌史に力を注いでおり、『日本文学評論史』では学士院賞を受賞している。昭和22年に日本学士院会員、同41年には文化功労者となった。著書多数。昭和51年(1976)歿、81才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひさまつ‐せんいち【久松潜一】

[1894~1976]国文学者。愛知の生まれ。上代から中世にわたって実証的な国文学研究の確立に貢献。著「日本文学評論史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

久松潜一【ひさまつせんいち】

国文学者。愛知県生れ。東大国文科卒。佐佐木信綱橋本進吉らと《校本万葉集》の編纂(へんさん)に参加し,《万葉集の新研究》《万葉集考説》などの著がある。和歌史および歌論を中心とする文学評論史の研究に努め,大著《日本文学評論史》全5巻を完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久松潜一 ひさまつ-せんいち

1894-1976 大正-昭和時代の国文学者。
明治27年12月16日生まれ。佐佐木信綱の娘婿。昭和11年東京帝大教授。のち慶大教授。契沖(けいちゅう)研究からスタート,文芸批評の歴史,和歌史を中心に文献学的・実証的な古典文学研究方法を確立した。日本近代文学館の設立にも力をつくした。14年学士院賞。41年文化功労者。昭和51年3月2日死去。81歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「日本文学評論史」「日本歌論史の研究」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひさまつせんいち【久松潜一】

1894‐1976(明治27‐昭和51)
国文学者。愛知県生れ。1919年東大国文学科卒業。第一高等学校東京大学の教壇に立って長らく国文学界の指導的地位にあり,55年東大を定年退職後,慶応大学,鶴見女子大学の教授を歴任,ほかにも多くの門下を育成した。東大の卒業論文に契沖の生涯と学問の全像の研究をまとめて古典文学研究の方法を体得し,佐佐木信綱らとともに《校本万葉集》(1924‐25)の作成に尽力したが,以後日本文学の全領域にわたり文学理念,文学思潮の追求を軸とする体系的研究を進めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひさまつせんいち【久松潜一】

1894~1976) 国文学者。愛知県生まれ。東大・慶大教授。各時代・各領域にわたって文学理念・文学思潮を研究。著「日本文学評論史」「日本歌論史の研究」ほか。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久松潜一
ひさまつせんいち

[生]1894.12.16. 愛知,藤江
[没]1976.3.2. 東京
国文学者。文学博士第八高等学校を経て 1919年東京大学国文学科卒業。 1936~55年東京大学教授。 1947年学士院会員。契沖の研究から出発し,『校本万葉集』の編纂に加わり,和歌史,文学評論史を中心に国文学の近代的研究の基礎を築き,多くの学者を育成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久松潜一
ひさまつせんいち
(1894―1976)

国文学者。愛知県知多郡藤江村(現東浦(ひがしうら)町)に重治郎・ひさの長男として生まれる。第八高等学校、東京帝国大学国文科を卒業。第一高等学校教授を経て、東京大学教授となる。東大定年後は、慶応義塾大学、国学院大学、鶴見女子大学等の教授を務めた。文学博士、日本学士院会員。契沖(けいちゅう)、『万葉集』に始まったその研究分野は広く上代・中古・中世にわたり、実証的な国文学研究の確立に貢献した。主著『日本文学評論史』『和歌史』など。66年文化功労者として顕彰された。[久保田淳]
『『久松潜一著作集』12巻・別巻一(1968~69・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久松潜一の関連情報