仮令(読み)けりょう

精選版 日本国語大辞典「仮令」の解説

け‐りょう ‥リャウ【仮令】

(「け」「りょう」はそれぞれ「」「令」の呉音)
[1] 〘〙 「たとい」「たとえ」などと訓読される、「仮令」という字の音読。多く、言い出し、書き出しに用いる。
① 条件句の冒頭に用いて、順接・逆接の接続助詞と呼応する。たとい。かりに。よしんば。
※小右記‐長和三年(1014)四月二一日「市女笠非禁制物。仮令雖禁物、看督長・放免・別当下人破却、太奇恠也」
② 物事を説明するために、具体的な例を提示するのに用いる。たとえば。たとえてみると。
※三代格‐一・貞観一〇年(868)六月二八日「或為農祷歳、或為旱祈雨、至災害荐有徴応。仮令大和、大神、広瀬、龍田、賀茂、穴師等大神是也」
③ 物事の全体を大きくつかみ、概観するのに用いる。およそ。たいがい。一体。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月二九日「参加者、仮令可五万騎
※吾妻問答(1467頃)「仮令(ケリャウ)、その所に詠みて体ある物をば取りて付くべし」
④ (下に「…ばこそ」を伴うことが多い) 偶然。さいわいにして。都合よく。
※三体詩素隠抄(1622)一「仮令(ケリャウ)赦に、あふて、帰でこそあれ、いそぎ洛へ帰りたりとも、何の益も、あるまいぞ」
[2] 〘名〙 (形動) かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。
※東大寺文書‐四ノ一・保元二年(1157)五月日・東大寺三綱陳状案「以仮令算術載巨多未進之条、亀毛空花事歟」
[補注]読みとしては、一三世紀後半頃から音読「ケリャウ」が増加したと推測されており、それまでは①は「タトヒ」、②は「タトヘバ」「タトヒ」が有力であったと考えられている。③④並びに名詞用法の読みは音読説が有力である。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮令」の解説

け‐りょう〔‐リヤウ〕【仮令】

《たとえば、たといの意の漢語「仮令」を音読みにした語》
[副]
たとえば。
「―郭公ほととぎすなどは、山野を尋ね歩きて聞く心を詠む」〈無名抄
たとい。かりに。
「―仏といふは…と知りたりとも」〈正法眼蔵随聞記・二〉
およそ。
「―案じ候ふに、内裏に参り集まる兵ども、その数候ふといふとも」〈保元・中〉
(多くあとに「ばこそ」を伴って)たまたま。さいわい。
「―わしがここに居たればこそ」〈伎・韓人漢文〉
[名・形動ナリ]かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。
「商ひは―にして、明け暮れ男自慢」〈盛衰記

たとい〔たとひ〕【仮令/縦令/縦い】

[副]
(あとに逆接条件を表す「ても」「でも」「とも」などを伴って)仮にある事柄を想定しながら、結果はそれに影響されないことを表す。もし…だとしても。仮に。よしんば。たとえ。「―失敗しようとも悔いはない」
(多く、あとに「ば」を伴って)もし。仮に。
「―汝此の国をらば、必ずそこなひやぶる所多けむとおもふ」〈神代紀・上〉
[補説]語源はハ行四段活用の動詞「たとふ」の連用形と推測されるが、「たとふ」の確かな例は見当たらない。漢文訓読系の語とされる。
[類語]たとえもし仮にもしかよしんばよしやもしも万一まんいち万一ばんいち万が一万万一

たとえ〔たとへ〕【仮令/縦令/縦え】

[副]《「たとい」の音変化か》「たとい(仮令)1」に同じ。「―親友でも許せない」「―むだになってもやってみよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「仮令」の解説

【仮令】たとい(ひ)

かりに。〔史記、張儀伝〕張儀曰く、~、王のを奉じて楚にす。楚、何ぞ敢てを加へん。假令(たとひ)臣を誅すとも、の爲に黔中(けんちゅう)の地を得ば、臣の上願なり。

字通「仮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android