仮令(読み)ケリョウ

デジタル大辞泉の解説

け‐りょう〔‐リヤウ〕【仮令】

《たとえば、たといの意の漢語「令」を音読みにした語》
[副]
たとえば。
「―郭公(ほととぎす)などは、山野を尋ね歩きて聞く心を詠む」〈無名抄
たとい。かりに。
「―仏といふは…と知りたりとも」〈正法眼蔵随聞記・二〉
およそ。
「―案じ候ふに、内裏に参り集まる兵ども、その数候ふといふとも」〈保元・中〉
(多くあとに「ばこそ」を伴って)たまたま。さいわい。
「―わしがここに居たればこそ」〈伎・韓人漢文〉
[名・形動ナリ]かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。
「商ひは―にして、明け暮れ男自慢」〈浄・盛衰記

たとい〔たとひ〕【仮令/縦令/縦い】

[副]
(あとに逆接条件を表す「ても」「でも」「とも」などを伴って)仮にある事柄を想定しながら、結果はそれに影響されないことを表す。もし…だとしても。仮に。よしんば。たとえ。「―失敗しようとも悔いはない」
(多く、あとに「ば」を伴って)もし。仮に。
「―汝此の国を治(し)らば、必ずそこなひやぶる所多けむとおもふ」〈神代紀・上〉
[補説]語源はハ行四段活用の動詞「たと」の連用形と推測されるが、「たとふ」の確かな例は見当たらない。漢文訓読系の語とされる。

たとえ〔たとへ〕【仮令/縦令/縦え】

[副]《「たとい」の音変化か》「たとい(仮令)1」に同じ。「―親友でも許せない」「―むだになってもやってみよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けりょう【仮令】

〔漢語「仮令」を呉音で音読した語〕
( 副 )
考えてみたところ。大体。おおよそ。 「参加者、-五万騎に及ぶべし/東鑑 治承四
たとえば。 「 -、木樵・草刈り・炭焼き・汐汲みなどの風情にも/風姿花伝」
さいわいに。偶然。 「 -わしがここにゐたればこそ/歌舞伎・韓人漢文」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。 「今では地頭の名はあれどそれは-/浄瑠璃・聖徳太子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮令の関連情報