コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮令 ケリョウ

デジタル大辞泉の解説

け‐りょう〔‐リヤウ〕【仮令】

《たとえば、たといの意の漢語「」を音読みにした語》
[副]
たとえば。
「―郭公(ほととぎす)などは、山野を尋ね歩きて聞く心を詠む」〈無名抄
たとい。かりに。
「―仏といふは…と知りたりとも」〈正法眼蔵随聞記・二〉
およそ。
「―案じ候ふに、内裏に参り集まる兵ども、その数候ふといふとも」〈保元・中〉
(多くあとに「ばこそ」を伴って)たまたま。さいわい。
「―わしがここに居たればこそ」〈伎・韓人漢文〉
[名・形動ナリ]かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。
「商ひは―にして、明け暮れ男自慢」〈浄・盛衰記

たとい〔たとひ〕【仮令/縦令/縦い】

[副]
(あとに逆接条件を表す「ても」「でも」「とも」などを伴って)仮にある事柄を想定しながら、結果はそれに影響されないことを表す。もし…だとしても。仮に。よしんば。たとえ。「―失敗しようとも悔いはない」
(多く、あとに「ば」を伴って)もし。仮に。
「―汝此の国を治(し)らば、必ずそこなひやぶる所多けむとおもふ」〈神代紀・上〉
[補説]語源はハ行四段活用の動詞「たと」の連用形と推測されるが、「たとふ」の確かな例は見当たらない。漢文訓読系の語とされる。

たとえ〔たとへ〕【仮令/縦令/縦え】

[副]《「たとい」の音変化か》「たとい(仮令)1」に同じ。「―親友でも許せない」「―むだになってもやってみよう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けりょう【仮令】

〔漢語「仮令」を呉音で音読した語〕
( 副 )
考えてみたところ。大体。おおよそ。 「参加者、-五万騎に及ぶべし/東鑑 治承四
たとえば。 「 -、木樵・草刈り・炭焼き・汐汲みなどの風情にも/風姿花伝」
さいわいに。偶然。 「 -わしがここにゐたればこそ/歌舞伎・韓人漢文」
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
かりそめのこと。いいかげんなこと。また、そのさま。 「今では地頭の名はあれどそれは-/浄瑠璃・聖徳太子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮令の関連キーワード靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す(石橋湛山)仮令・縦・縦令建武式目条々九牛の一毛度会常昌作り倒れ付元気せんぼまでも事柄悔い窮愁らば抗抵連環豊裕純精神主何程醜視

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮令の関連情報