コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事代主神 コトシロヌシノカミ

6件 の用語解説(事代主神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ことしろぬし‐の‐かみ【事代主神】

出雲神話の神。大国主命の子。国譲りに際して父に国土の献上を勧めた。壬申(じんしん)の乱のとき、高市県主許梅(たけちのあがたぬしこめ)に神懸かりして託宣した話が、日本書紀にみえる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

事代主神【ことしろぬしのかみ】

出雲神話中の神。大国主神の子。母は神屋楯比売(かむやたてひめ)命。出雲の国譲りに際し,大国主神がその意見を聞いたことは,この神が神の託宣を伝える役であったと推測される。
→関連項目大物主神建御名方神

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

事代主神 ことしろぬしのかみ

記・紀にみえる神。
古事記」によれば,国譲りを要求する高天原(たかまがはら)からの使者に対し,父の大国主神(おおくにぬしのかみ)にかわって国譲りの誓約をした。神のお告げ(託宣)をのべる役割をもつとされる。八重事代主神とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

事代主神

『古事記』『日本書紀』にみえる神。八重事代主神とも。『古事記』では言代主神とも記す。大国主命(オオクニヌシノミコト)の子で,高天原からオオクニヌシに国譲りを迫ってきたとき,父に代わって承諾する旨を答える。『日本書紀』の別伝では,オオクニヌシ退去ののちに,高天原に帰順した神のうちで特に有力な神として,大物主神と共に名を挙げられている。記紀の天皇代の数カ所に「事代」を名に持つ神や人物のことがみえており,いずれも託宣に関連している。これらの事例について,その神の全てがここにいうオオクニヌシの子として現れている事代主神と同一神かどうかは別として,この神が託宣の神であることは明らかである。 出雲系の神だが,大和朝廷との縁は深く,この神が女性のもとに通って生まれた娘は,神武天皇の皇后となっている。また出雲氏一族の伝える『出雲国造神賀詞』では,父から皇孫命(歴代天皇に当たる)の守り神たることを命じられている。さらに天皇の身を守るべく宮中に祭る八神殿にも名を連ねる。島根県美保関町の美保神社がこの神を祭る最も著名な神社で,ここの重要な神事のひとつの青柴垣神事は,神話の国譲りのときのエピソードに基づくものである。なお,およそ中世のころからか,この神は恵比須様とされるようになって今日に至っている。<参考文献>西郷信綱『古事記注釈』2巻

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ことしろぬしのかみ【事代主神】

日本神話にみえる神の名。コトは〈言〉,シロは〈知る〉意で,天皇を守護する託宣の神。八重(やえ)事代主神とも呼ばれる記紀神話においては大国主(おおくにぬし)神の子として国譲りの誓約を行い,その後は大和の宇奈提(うなで)に〈皇孫命(すめみまのみこと)の近き守り神〉として祭られた(《出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこのかむよごと)》)。また,この神が八尋(やひろ)ワニとなって三嶋溝樴(みぞくい)姫と結婚し神武天皇の后となる姫を生んだという三輪山(みわやま)型説話(三輪山伝説)も伝えられている(《日本書紀》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ことしろぬしのかみ【事代主神】

記紀神話で、大己貴神おおあなむちのかみの子とされる託宣の神。国譲りの時、父神に国土の献上を勧める。のち、皇室の守護神。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の事代主神の言及

【えびす(夷∥恵比須)】より

…七福神の一神として,福徳を授ける神とされ,家の台所や茶の間にまつられることが多い。春秋の夷(えびす)講には,財布にお金を入れて供えるなど商業神としての性格が強いが,農村では,竈(かまど)神や荒神(こうじん)信仰と習合して,稲の豊作をもたらす田の神の性格をも兼ねる。田植後のサナブリ,刈上祭に稲苗や稲の穂を供える地方もある。漁村では豊漁をもたらす神とされ,海岸や岬などに祠(ほこら)を設けてまつることが多い。…

【大国主神】より

…(4)かくして葦原中国の主となったオオクニヌシに対し高天原より国土を天津神の子に譲れとの交渉がはじまる。交渉は両三度に及ぶが,ここでのオオクニヌシは生彩のない受動的な神にすぎず,使神の武甕槌神(たけみかづちのかみ)に対して事代主神(ことしろぬしのかみ),建御名方神(たけみなかたのかみ)(ともにオオクニヌシの子)ともども屈服し,国譲りのことが定まる。その際の条件にオオクニヌシは壮大な社殿に自分をまつることを請いそこに退隠することになったが,これは出雲大社の起源を語ったものである。…

【大黒天】より

…室町時代には,《塵塚物語》の説くように夷(えびす)と大黒の二神併祀がみられた。これは西宮の〈夷三郎〉が本来大国主神と事代主(ことしろぬし)神の二神であったものが,夷三郎を1神(事代主神)としたところから,大黒天が加えられたものと考えられる。このころから大黒天を福神とすることも一般化してきたらしく,狂言《夷大黒》にも比叡山三面大黒天と西宮の夷三郎を勧請(かんじよう)してまつるようすが記されている。…

【長田神社】より

…神戸市長田区に鎮座。旧官幣中社。事代主(ことしろぬし)尊をまつる。《日本書紀》によると,神功皇后が新羅より帰還の途中,武庫の水門(むこのみなと)で事代主尊の〈吾をば御心長田国に祀れ〉との神告を受けて山背(やましろ)根子の女,長媛(ながひめ)をしてまつらせたと伝えられる。806年(大同1)に神封41戸を充てられ,859年(貞観1)従四位下を授けられている。《延喜式》には名神大社に列せられ,古くから朝野の崇敬を受けた。…

【美保神社】より

…島根県八束(やつか)郡美保関町に鎮座。三穂津姫(みほつひめ)命,事代主(ことしろぬし)神をまつる。三穂津姫命は大国主神の后神で,事代主神はその第1の子神。…

※「事代主神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

事代主神の関連キーワード玉島川句句廼馳上代文学綿津見神三部本書五百城入姫皇女鬱色謎命河俣毘売櫛明玉神高龗神

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

事代主神の関連情報