二十一代集(読み)にじゅういちだいしゅう

  • にじゅういちだいしゅう ニジフシフ
  • にじゅういちだいしゅう〔ニジフイチダイシフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勅撰和歌集総称。『古今和歌集』『後撰和歌集』『拾遺和歌集』『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』『詞花和歌集』『千載和歌集』『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』『続後撰和歌集』『続古今和歌集』『続拾遺和歌集』『新後撰和歌集』『玉葉和歌集』『続千載和歌集』『続後拾遺和歌集』『風雅和歌集』『新千載和歌集』『新拾遺和歌集』『新後拾遺和歌集』『新続古今和歌集』の 21集をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

平安から室町時代にかけての勅撰和歌集。▽『古今和歌集』、『後撰和歌集』、『拾遺和歌集』(以上「三代集」)、『後拾遺和歌集』、『金葉和歌集』、『詞花和歌集』、『千載和歌集』、『新古今和歌集』(「三代集」に以上を加えて「八代集」)、『新勅撰和歌集』、『続後撰和歌集』、『続古今和歌集』、『続拾遺和歌集』、『新後撰和歌集』、『玉葉和歌集』、『続千載和歌集』、『続後拾遺和歌集』、『風雅和歌集』、『新千載和歌集』、『新拾遺和歌集』、『新後拾遺和歌集』、『新続古今和歌集』(以上「十三代集」)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

勅撰和歌集の総称。《古今和歌集》から《新続古今和歌集》まで21集あり,天皇1代に1勅撰和歌集という考え方で,21代の天皇の治世にできた勅撰和歌集の意。歌風は,第1期《古今和歌集》《後撰和歌集》《拾遺和歌集》(三代集),第2期《後拾遺和歌集》《金葉和歌集》《詞華和歌集》,第3期《千載和歌集》《新古今和歌集》(以上八代集),第4期《新勅撰和歌集》から《新続古今和歌集》まで(十三代集)と,大きく四つに分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

勅撰和歌集二一集の総称。平安時代の古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載の七集、鎌倉時代の新古今・新勅撰・続後撰・続古今・続拾遺・新後撰・玉葉・続千載・続後拾遺の九集、南北朝時代の風雅・新千載・新拾遺・新後拾遺の四集、室町時代の新続古今をさす。 → 八代集十三代集

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

『古今和歌集』から『新続(しんしょく)古今和歌集』に至る21の勅撰(ちょくせん)和歌集をさす。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

八代集と十三代集とを合わせた、「古今和歌集」から「新続古今和歌集」までの、二一代の勅撰和歌集の総称。古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今・新勅撰・続後撰・続古今・続拾遺・新後撰・玉葉・続千載・続後拾遺・風雅・新千載・新拾遺・新後拾遺・新続古今の諸集をさす。
※兼載雑談(1510頃)「あら玉の春はかすみをへだてにて〈略〉公方様是を廿一代集の内、巻頭之歌なり。なほせなほせと有しに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二十一代集の言及

【勅撰集】より

…〈読人知らず〉を除いて約3000人の作者,約3万5000首を収めた大詞華集群である。《古今集》《後撰集》《拾遺集》を三代集,《古今集》から《新古今集》までを八代集,《新勅撰集》から《新続古今集》までを十三代集,すべてを合わせて二十一代集という。【新井 栄蔵】。…

※「二十一代集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android