コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二木謙三 ふたきけんぞう

4件 の用語解説(二木謙三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二木謙三
ふたきけんぞう

[生]1873.1.10. 秋田
[没]1966.4.27. 東京
内科医,伝染病学者。 1901年東京大学卒業。ただちに駒込病院に勤務して伝染病の研究にたずさわり,志賀潔が 1898年に発見した志賀菌と異なる駒込B菌など2種の赤痢菌を 1903年に発見,さらに二木赤痢菌属を研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二木謙三 ふたき-けんぞう

1873-1966 明治-昭和時代の細菌学者。
明治6年1月10日生まれ。大正8年駒込病院長,10年東京帝大教授兼任となる。赤痢菌の新種である駒込A菌・B菌,また鼠咬症スピロヘータを発見。日本伝染病学会初代会長。二木式健康法の創始者としても知られる。昭和4年学士院賞,30年文化勲章。昭和41年4月27日死去。93歳。秋田県出身。東京帝大卒。旧姓は樋口。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふたきけんぞう【二木謙三】

1873‐1966(明治6‐昭和41)
細菌学者。秋田藩医樋口順恭の次男として秋田市に生まれ,幼くして二木家の養子となる。1901年東京帝国大学医科大学を卒業後,東京市立駒込病院に勤務。05年ドイツに留学,ミュンヘン医科大学衛生学教室で細菌学,免疫学を専攻,08年帰国し駒込病院副院長のかたわら東大伝染病研究所医科大学で研究を続ける。19年駒込病院長に就任,21年東大教授を兼任する。23年には日本医科大学教授その他講師等を兼務した。51年に日本学士院会員に推され,55年には文化勲章を受章した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二木謙三
ふたきけんぞう
(1873―1966)

細菌学者。秋田藩医樋口(ひぐち)家に生まれ、二木家の養子となる。1901年(明治34)東京帝国大学医科大学を卒業。翌1902年東京市立駒込(こまごめ)病院に勤務、1905年ドイツに留学、ミュンヘン大学で細菌学、免疫学を研究、1908年帰国。1919年(大正8)駒込病院長となり、1931年(昭和6)まで在職。この間、1921年東京帝国大学医学部教授を兼任、伝染病研究所細菌血清学部主任も務めた。研究は多方面にわたるが、1903年、赤痢菌の新種2種(駒込A菌、駒込B菌)を発見、また鼠咬(そこう)症を研究し病原体の鼠咬症スピロヘータを発見。1951年(昭和26)日本学士院会員、1955年文化勲章を受章。二木式健康法を提唱、腹式呼吸や玄米食を推奨した。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二木謙三の関連キーワード樋口宣康(宜康)細菌学細菌学的鮮度判定法竹内松次郎樋口順泰医細菌学工業細菌学土壌細菌学病原細菌学酪農細菌学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone