コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀潔 しが きよし

百科事典マイペディアの解説

志賀潔【しがきよし】

細菌学者。旧姓佐藤。仙台の生れ。母方の姓を継ぎ,1896年東大卒後,伝染病研究所で研究,1898年志賀赤痢菌を発見した。1901年ドイツに留学,結核の化学療法剤を開発。
→関連項目赤痢菌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀潔 しが-きよし

1871*-1957 明治-昭和時代の細菌学者。
明治3年12月18日生まれ。伝染病研究所で北里柴三郎に師事。明治31年赤痢菌を発見。のちドイツのエールリヒのもとで免疫学,化学療法を研究。大正4年北里とともに新設の北里研究所にうつる。慶大教授,京城帝大総長をつとめた。昭和19年文化勲章。昭和32年1月25日死去。86歳。陸前仙台出身。帝国大学卒。旧姓は佐藤。
【格言など】先人の跡を師とせず,先人の心を師とする(このんで揮毫(きごう)した文句)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

志賀潔

没年:昭和32.1.25(1957)
生年:明治3.12.18(1871.2.7)
明治大正期に活躍した細菌学者。仙台藩士佐藤信の次男として生まれ,母の生家志賀氏を継いだ。帝大医科大学を卒業したのち,伝染病研究所に入って,北里柴三郎に師事する。「赤痢病病原研究報告」を明治30(1897)年邦文で,翌31年には独文で発表。赤痢菌の最初の発見者として著名になり,文化勲章など内外の栄誉を受ける。昭和2(1927)年京城帝大総長となる。細菌の狩人時代の幸運児で,早くから有名になったため,その後ドイツ留学の機会や研究費に恵まれたが,最初の赤痢菌発見のような幸運には恵まれず,大した業績は出なかった,と後年述べている。

(中山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しがきよし【志賀潔】

1870‐1957(明治3‐昭和32)
細菌学者。仙台藩士佐藤信の次男に生まれる。1886年東京にでてドイツ語学校に学び,翌年大学予備門に入学,この年母の生家志賀家を継いだ。96年東京帝国大学医科大学を卒業後,直ちに北里柴三郎の伝染病研究所に入り,細菌学・免疫学の研究に従事し,赤痢の病原の研究を開始した。折から赤痢は関東地方に伝播して,東京でも空前の大流行となった。この罹患病者の糞便中から一種の杆菌を発見,これを赤痢病原菌と断定し,97年12月細菌学雑誌に発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しがきよし【志賀潔】

1870~1957) 細菌学者。仙台市生まれ。東大卒。伝染病研究所に入り、北里柴三郎のもとで細菌学を研究。1898年(明治31)赤痢菌を発見。ドイツ留学後、結核その他の研究に従事。京城大学総長。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志賀潔
しがきよし

[生]明治3(1871).12.18. 仙台
[没]1957.1.25. 宮城
細菌学者。帝国大学医科大学 (現在の東京大学医学部) 卒業 (1896) 。伝染病研究所で細菌学を研究。細菌性赤痢の病原体として志賀菌 Shigella dysenteriae (→赤痢菌 ) を発見 (97) 。ドイツの P.エールリヒのもとに留学 (1901) して化学療法を研究。帰国後,北里柴三郎に従って北里研究所を創立 (15) 。結核,発疹チフス,脚気などの研究がある。のち慶應義塾大学,京城帝国大学教授を歴任,同大学総長となった。文化勲章受章 (44) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志賀潔
しがきよし
(1870―1957)

細菌学者。仙台藩士佐藤信の子として生まれ、幼名は直吉。1878年(明治11)母の生家で藩医の志賀家に入り、潔と改名。1896年12月帝国大学医科大学を卒業、大日本私立衛生会の伝染病研究所、北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)所長の門に入った。1897年12月「赤痢病原研究報告第一」を発表、これが赤痢菌属に関する最初の論文であり、翌1898年、その要点をまとめた論文(ドイツ語)を発表、世界の細菌学専門書はこれを掲げた。1899年、伝染病研究所の内務省移管により、北里は所長に、志賀は内務省技師伝染病研究所第一部長となった。1901年(明治34)ドイツに留学、同年、コッホが委員長を務めた赤痢菌調査委員会は、赤痢菌を一名「志賀‐クルーゼ菌」と命名した。なお現在、赤痢菌の学名は発見者志賀にちなんでShigella dysenteriaeという。
 1901年10月、志賀はフランクフルト・アム・マインのエールリヒに師事、以後、生物化学、免疫学、化学療法を研究した。そしてマウス体内のアフリカ睡眠病トリパノソーマを殺滅する色素類の研究で、ついにベンチジン系赤色色素の治療効果を証明、これをトリパンロートと命名し、エールリヒとの共著論文で発表した(1904)。化学療法はここから始まる。1905年帰国、医学博士の学位を受け、1912年(大正1)ふたたびヨーロッパに渡りエールリヒの下で研究、帰国後も伝染病研究所で活動したが、伝染病研究所の文部省移管に際して北里所長と行動をともにして辞職し、1914年北里研究所創立とともに第四部長となった。1920年慶応義塾大学医学部教授となったが、同年、朝鮮総督府医院長・京城医学専門学校校長兼任となり、以後、京城帝国大学教授、同医学部長、同総長を歴任し、1931年(昭和6)退任、東京に戻った。1936年錦鶏之間祗候(きんけいのましこう)(勅任官待遇)となり、1944年文化勲章受章、1948年(昭和23)日本学士院会員となった。ほかにイギリス王立熱帯病学会名誉会員、パスツール研究所賛助会員、ドイツ学士院自然科学会特別会員、ハーバード大学名誉博士号などの栄誉を受け、郷里仙台市の名誉市民に推された。著書には『細菌学及免疫学』(1923)、『貴洋翠荘閑話(きようすいそうかんわ)』(1950)、『ある老科学者とせがれとの対話』(1953)、『或(あ)る細菌学者の回想』(1966)などがある。なお、土井晩翠(つちいばんすい)とは中学生時代からの親友であり、志賀が学士院会員に選ばれたとき、晩翠は「三日のあやめ 十日のしょうぶ 何だ今頃(いまごろ)へぼなすび」の色紙を贈って祝福した。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

志賀潔の関連キーワードShigella dysenteriaeポール エールリッヒ日本の医学史(年表)日本科学史(年表)北里 柴三郎フレクスナー12月18日今村 荒男日本科学史二木 謙三長谷理和二木謙三名誉市民仙台市感染症高橋功

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志賀潔の関連情報