二酸化ケイ(珪)素(読み)にさんかけいそ

百科事典マイペディアの解説

二酸化ケイ(珪)素【にさんかけいそ】

化学式はSiO2。無水ケイ酸,シリカとも。純粋なものは無色透明の固体。天然には各種ケイ酸塩鉱物として産出。一般に水および酸には溶けないが濃アルカリ溶液には徐々に溶け,フッ化水素酸には侵される。ガラスやガラス繊維,陶磁器,セメント,各種ケイ酸塩の製造原料として重要。単結晶のものはクォーツ時計の発振器や光学用などの精密機器に使われ,石英ガラスとして光ファイバーを含む各種光学材料や化学実験器具などに使われる。
→関連項目シリカセメントシリコーンゴム石英ガラス接触分解耐火粘土耐火物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android