コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五品江戸廻令 ごひんえどまわしれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五品江戸廻令
ごひんえどまわしれい

江戸時代末期,幕府が横浜貿易を制限するために出した流通統制令。安政6 (1859) 年6月開港以来,生糸など多くの輸出品が産地から横浜へ直送されるようになったため,江戸送りの荷高は減少し,江戸を中心とした流通機構は解体の危機に瀕した。そのうえ急激な貿易量の増大によって江戸市中の物価が急騰したため,庶民は生活苦にあえいだ。そこで幕府は,万延1 (60) 年閏3月,輸出品のうち雑穀水油ろう呉服,生糸の5品を直接横浜へ送荷するのを禁じ江戸へ廻送するよう命じ,国内市場の需要を満たし庶民生活の安定をはかろうとした。その結果,生糸を除く4品についてはかなりの成果をあげえたが,最大の貿易品である生糸については横浜商人と諸外国の反対があり,効果はなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごひんえどまわし‐れい〔ゴヒンえどまはし‐〕【五品江戸×廻令】

万延元年(1860)江戸幕府が出した流通統制令。開港後の江戸の諸物価高騰に対処するため、主要輸出品の雑穀・水油・蝋(ろう)・呉服・生糸の5品を産地から横浜に直送することを禁じ、一度江戸の問屋へ回送してその需要をみたしてから輸出させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

五品江戸廻令【ごひんえどまわしれい】

1860年(万延1年)江戸幕府が発した輸出統制令。雑穀,水油,蝋,呉服,生糸の5品について産地からの横浜直送を禁じ,江戸問屋経由を定めた。安政五ヵ国条約締結後の貿易拡大による輸出の急増で生産と流通が混乱,著しい物価騰貴があり,これに対して江戸問屋を通じて需給均衡を回復しようとしたもの。最大の輸出品生糸については江戸糸問屋が横浜に出店を設置して荷物を改め,江戸からの送り状のない荷は返送させる計画もあったが,在方荷主,横浜商人の反対にあって挫折,成果があがらなかった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごひんえどまわしれい【五品江戸廻令】

1860年5月9日(万延1年閏3月19日)江戸幕府が発した法令。雑穀・水油・蠟・呉服・糸の五品について,荷主が貿易港である横浜へ直送することを禁じ,江戸問屋への売渡しを命じたもの。1859年7月(安政6年6月)の開港後も,幕府は諸国との修好通商条約(安政五ヵ国条約)に定められている自由貿易の実施を妨げるために,さまざまな試みを行ったが,その代表的なものが五品江戸廻令である。この法令では,公布の理由として,諸商人が輸出品を開港場へ直送するために,江戸へ入る荷物が減少し,価格が騰貴して江戸の市民が難渋していると述べ,また,これは貿易仕法を改めるのではなく,商人が江戸問屋から荷物を買い取って貿易を行うことはさしつかえない,とも記している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごひんえどまわしれい【五品江戸廻令】

1860年、外国貿易に関連して江戸幕府が発した流通統制令。物産の開港場直送により、江戸で物資不足が生じたため、重要輸出五品(雑穀・水油・蠟・呉服・生糸)の直送を禁じ、江戸問屋を経由させることにしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五品江戸廻令の言及

【打越荷物】より

…そこで60年(万延1)に雑穀,水油,蠟,呉服,生糸の5品に限り,江戸打越荷物を禁止するお触れが出された。これを五品(ごひん)江戸廻令と称し,幕府は上記5品の輸出に限り江戸の問屋経由とし,神奈川直送貿易を禁止した。【柚木 学】。…

※「五品江戸廻令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

五品江戸廻令の関連キーワード外国貿易物産

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android