コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五木[村] いつき

2件 の用語解説(五木[村]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五木[村]【いつき】

熊本県球磨(くま)郡,球磨川の支流川辺川上流の九州山地中にある村。藩政時代地頭が支配,隔絶された山村のため封建制度が根強く続き,哀切な《五木の子守歌》は名子・被官制への諦(てい)観から生まれた歌という。
→関連項目川辺川ダム九州中央山地国定公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いつき【五木[村]】

熊本県中南部,人吉盆地の北部に位置する球磨(くま)郡の村。人口1687(1995)。全域が急峻な九州山地に含まれ,平地はきわめて少ない。五木川が南流し,西部山地に発する小川と合流して川辺川になる。頭地を中心とした山村で,村の起源は木地屋集団の定着によるとも,平家の落人が住みついたともいわれる。江戸時代は相良藩領で,33人の地頭が村を支配した。昭和20年代までは焼畑農業が盛んであったが,昭和30年代の高度成長期に植林が進み,今はほとんどみられなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の五木[村]の言及

【熊本[県]】より

…人吉盆地の中心にある人吉市は鎌倉時代以来の古い城下町で,焼酎,木材,茶,栗を産するほか,近年電気機器などの進出がみられる。奥地に平家落人伝説をもつ五家荘や九州第2の規模の川辺川ダム建設計画のある五木村がある。球磨川下りは人吉温泉,球泉洞とともに人吉観光の中心をなしている。…

※「五木[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五木[村]の関連キーワード市房山上野盆地大曲国見岳寒川人吉盆地ラリベラ人吉山県ドラムヘラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone