コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五部心観 ごぶしんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五部心観
ごぶしんかん

園城寺蔵の紙本墨画。智証大師円珍が在唐中の大中9 (855) 年に,青竜寺法全 (はっせん) から授けられた白描図像 1巻。国宝。題簽に『 悝多僧蘖ら五部心観』とあり,略して『五部心観』という。墨線を駆使して尊像を的確に描き出し,唐代の格調高い筆技を今日まで伝存する数少い将来本として貴重。『金剛頂経』に説かれる6種の曼荼羅諸尊を順に並べ,各尊の形像,真言,印契を上中下3段に描き,巻末に善無畏の肖像を添えて,これが彼の所伝であることを示す。同じ園城寺蔵の前欠本は 11世紀頃の日本における転写本。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

五部心観【ごぶしんかん】

正しくは【り】多僧檗【ら】(りたそうぎゃら)五部心観。金剛界曼荼羅(まんだら)の五部(仏部,金剛部,宝部,蓮華部,羯磨(かつま)部)の諸尊の図像,梵(ぼん)文真言,標幟(ひょうし)を白描で描いた天台密教の巻物。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぶしんかん【五部心観】

《初会金剛頂経》の梵本によって,金剛界の仏部,金剛部,宝部,蓮華部,羯磨(かつま)部の五部の諸尊を,尊像(上段),真言(中段),標幟印,羯磨印,契印(下段)に分けて描いた白描図像巻で,現図曼荼羅の九会と異なり,大,三昧耶(さんまや)(秘密),法,羯磨(供養),四印,一印の六会の曼荼羅からなる。図像本をくりながら諸尊の修法を視覚的に体得する観法書であるため,《五部心観》と称される。これは滋賀円城寺に蔵され,円珍が入唐求法(852)の際,師の青竜寺の法全(はつせん)から授与された手中本であり(表題註記,奥書による),巻末に描かれた肖像の梵語には〈此の法は阿闍梨善無畏三蔵の所与なり〉,紙背には〈此無畏和上真也〉とあって,これが善無畏にもとづくことを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五部心観の関連キーワード密教美術

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android