コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上成美 イノウエシゲヨシ

4件 の用語解説(井上成美の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐しげよし〔ゐのうへ‐〕【井上成美】

[1889~1975]海軍大将。宮城の生まれ。軍務局長・第四艦隊長官・海軍次官などを歴任。日独伊三国同盟に反対、空軍を重視し大艦巨砲主義を批判。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上成美 いのうえ-しげよし

1889-1975 明治-昭和時代前期の軍人。
明治22年12月9日生まれ。海軍大学校卒業後,イタリア大使館付武官などを歴任。昭和12年軍務局長となり,日独伊三国同盟に反対する。15年航空本部長に就任し空軍重視を主張。19年海軍次官にすすみ,米内(よない)光政海相の終戦工作をたすけた。20年海軍大将。昭和50年12月15日死去。86歳。宮城県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いのうえしげよし【井上成美】

1889~1975) 海軍軍人。大将。宮城県生まれ。軍務局長・第四艦隊長官・海軍次官などを歴任。米内光政らと日独伊三国同盟に反対。また海軍の空軍化を力説。最後の海軍大将。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上成美
いのうえしげよし
(1889―1975)

海軍軍人。宮城県に生まれる。海軍兵学校37期。海軍大学校卒業後、イタリア大使館付武官、「比叡(ひえい)」艦長、横須賀鎮守府参謀長などを歴任した。1937年(昭和12)軍務局長に就任し、米内光政(よないみつまさ)海相、山本五十六(やまもといそろく)次官とともに日独伊三国同盟締結に反対した。1940年航空本部長として軍令部の大艦巨砲主義を批判し、海軍の空軍化を主張。1941年第四艦隊司令長官となり、翌1942年サンゴ海海戦を指揮。同年海軍兵学校長となり、英語教育を存続させるなど合理精神を発揮した。1944年海軍次官。1945年大将。戦後は神奈川県横須賀に隠棲(いんせい)し英語塾を開く。陸軍大将阿部信行(あべのぶゆき)は義兄。[小田部雄次]
『井上成美伝記刊行会編『井上成美』(1982)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上成美の関連キーワード池田桃川伊東太郎田村彩天塚本誠寺尾幸夫中岡弥高林喜右衛門船橋栄吉森連和田操

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上成美の関連情報