井上成美(読み)いのうえしげよし

日本大百科全書(ニッポニカ)「井上成美」の解説

井上成美
いのうえしげよし
(1889―1975)

海軍軍人。宮城県に生まれる。海軍兵学校37期。海軍大学校卒業後、イタリア大使館付武官、「比叡(ひえい)」艦長、横須賀鎮守府参謀長などを歴任した。1937年(昭和12)軍務局長に就任し、米内光政(よないみつまさ)海相、山本五十六(やまもといそろく)次官とともに日独伊三国同盟締結に反対した。1940年航空本部長として軍令部の大艦巨砲主義を批判し、海軍の空軍化を主張。1941年第四艦隊司令長官となり、翌1942年サンゴ海海戦を指揮。同年海軍兵学校長となり、英語教育を存続させるなど合理精神を発揮した。1944年海軍次官。1945年大将。戦後は神奈川県横須賀に隠棲(いんせい)し英語塾を開く。陸軍大将阿部信行(あべのぶゆき)は義兄。

[小田部雄次]

『井上成美伝記刊行会編『井上成美』(1982)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「井上成美」の解説

いのうえ‐しげよし〔ゐのうへ‐〕【井上成美】

[1889~1975]軍人。海軍大将。宮城の生まれ。軍務局長・第四艦隊司令長官・海軍次官などを歴任。日独伊三国同盟反対空軍を重視し大艦巨砲主義を批判。
阿川弘之によるの伝記小説。昭和61年(1986)刊行。第19回日本文学大賞(学芸部門)受賞。「山本五十六」「米内光政」に続く、海軍提督三部作の最終作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「井上成美」の解説

井上成美 いのうえ-しげよし

1889-1975 明治-昭和時代前期の軍人。
明治22年12月9日生まれ。海軍大学校卒業後,イタリア大使館付武官などを歴任。昭和12年軍務局長となり,日独伊三国同盟に反対する。15年航空本部長に就任し空軍重視を主張。19年海軍次官にすすみ,米内(よない)光政海相の終戦工作をたすけた。20年海軍大将。昭和50年12月15日死去。86歳。宮城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android