コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜硫酸ガス アリュウサンガス

百科事典マイペディアの解説

亜硫酸ガス【ありゅうさんガス】

化学式はSO2。比重2.264(空気=1),融点−75.5℃,沸点−10.0℃。二酸化硫黄。無色で刺激臭のある有毒気体。水に溶け,亜硫酸をつくる。還元性があり,水分があると漂白作用を示す。
→関連項目硫黄鉱害工業中毒製錬大気汚染脱硫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ありゅうさんガス【亜硫酸ガス】

気体の二酸化硫黄の俗称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜硫酸ガス
ありゅうさんガス

硫黄酸化物」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜硫酸ガス
ありゅうさんがす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亜硫酸ガスの言及

【硫黄酸化物】より

…硫黄の酸化物の総称であるが,おもに,硫黄Sを含んだ化石燃料の燃焼により二酸化硫黄SO2(亜硫酸ガス)や三酸化硫黄SO3の形で発生し,エーロゾルに吸着したり硫酸などの酸化物となって大気中に存在する。SO2は300~500ppmの濃度で短時間のうちに胸痛,意識混濁などの中毒症状を生じさせ,1.6ppmで健康人の上気道粘膜を刺激して可逆的な気管支収縮を発生させる。…

【二酸化硫黄】より

…化学式SO2。俗に亜硫酸ガス,無水亜硫酸と呼ばれる。硫黄あるいは硫黄化合物を燃焼させると生ずるが,実験室では亜硫酸ナトリウムまたは亜硫酸水素ナトリウム水溶液に強酸を加えて発生させる。…

※「亜硫酸ガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亜硫酸ガスの関連キーワード地獄谷温泉(富山県)トレイル溶鉱所事件クロムなめし(鞣)硫酸アンモニウムプリーストリー地獄谷[温泉]亜硫酸ガス中毒還元漂白剤シッフ試薬硫酸ミスト硫酸ピッチ佐伯 宗作四日市喘息硫黄抽出坑内空気クニーチ佐伯宗作ソックスケムラー噴気孔

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亜硫酸ガスの関連情報