コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人知れず ヒトシレズ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐しれ◦ず【人知れず】

[連語]
人に気づかれない。「―◦ず悩む」「―◦ぬ苦労」
だれも思い及ばないほどひどい。
「―◦ずかれこれ恥をさらし候ふも」〈平家・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとしれず【人知れず】

( 連語 )
だれにも知られないようにするさま。秘密に。そっと。 「 -涙を流す」 「 -心を痛める」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

人知れずの関連キーワード陰徳あれば必ず陽報あり刈り菰の・苅り菰の陰徳あれば陽報ありkainatsu白羽の矢が立つ闇夜に目あり丑の時参りブレーディ樺 美智子マリアの首小夜更け方御座ります聞き添ふ百夜参り壬生忠見ちょうまだき好き人持扱う狭き門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人知れずの関連情報