コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間関係管理 にんげんかんけいかんりhuman relationship management

2件 の用語解説(人間関係管理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間関係管理
にんげんかんけいかんり
human relationship management

経営体の従業員を疎外や「歯車の意識」から解放することによって,彼らの労働意欲を高め,みずから進んで経営体に協力するようにその人間関係を民主的に創出していこうとする管理方法。この方法は経営学者の E.メーヨーや F.J.レスリスバーガーらが 1927~32年に行なったホーソン実験の成果に基づいて案出したものであり,従来のテーラー・システムに代表される科学的管理法に代る新しい管理方法であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間関係管理
にんげんかんけいかんり
human relations management

人間関係論を基礎にした経営管理の諸施策の総称。人間関係論によれば、組織の有効性を左右する鍵(かぎ)は心情sentiment(満足・不満足のような心的態度)であり、それは個人の来歴と職場の人間関係によって規定され、モラールmorale(勤労意欲)となって現れるから、人間関係の改善ないしモラール向上が人間関係管理の中心になる。その具体策は、(1)好意的な態度を形成させるように人間を扱う社会的技能を重視した監督者・管理者の教育訓練、(2)職場のコミュニケーションをよくするための職場懇談会の設置、(3)下からの問題提起によって組織構成員の自己発現欲を満たす提案制度の採用、(4)全組織的なコミュニケーションのための手段としての社内報の発行、(5)上司と部下の対面的コミュニケーションをよくするための面接制度の実施、(6)悩みごとの解消によって仕事に専念できる心的態度を形成させるための、専門家(ケース・ワーカーなど)による従業員カウンセリング制度の設置、(7)人間関係を円滑にするための各種レクリエーション施設の充実などである。全体に共通する特色は、さまざまな方向(上向、下向、水平的など)と手段によるコミュニケーションの重視であり、相互の全体状況的理解が好意的心情の形成に有益であるとの人間関係論の理論内容が生かされている。
 人間関係管理に対しては、温室のような過保護状態をつくりだす甘やかし管理であるとの批判がある。これは基本的には、受動的人間像を仮定する人間関係論そのものへの批判である。しかし、人間の一面に受動的社会性がある限り、人間関係管理は必要であるといわなければならない。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間関係管理の関連情報