コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁多[町] にた

百科事典マイペディアの解説

仁多[町]【にた】

島根県東部,仁多郡の旧町。斐伊(ひい)川の上流域を占め,主集落は木次(きすき)線が通じる三成(みなり)。古くからの仁多牛の産地で,肉牛肥育が盛ん。大半が森林で,シイタケの栽培も行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にた【仁多[町]】

島根県東部,斐伊(ひい)川上流の小盆地に位置する仁多郡の町。1955年三成町と布勢,亀嵩(かめだけ),三沢,阿井の4村が合体,改称。人口9015(1995)。斐伊川と大馬木(おおまき)川の合流点の河岸段丘上にある中心の三成は,近世に付近で産出する鉄や年貢米を搬出するための斐伊川水運の船着場として発展した。東部の亀嵩は19世紀に始まった雲州そろばんの発祥地で,現在もそろばん生産が行われている。西部の三沢には中世に三沢氏が拠った要害山がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

仁多[町]の関連キーワード鬼の舌震

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android