コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉津 ゆのつ

4件 の用語解説(温泉津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉津
ゆのつ

島根県中部,大田市南西部の旧町域。日本海に臨む。 1903年町制。 1954年福波村,湯里村,井田村の3村と合体。 2005年大田市,仁摩町と合体して大田市となる。地名は「温泉のある港」という意味。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆのつ【温泉津】

島根県大田市の地名。日本海に臨む温泉町。泉質は含食塩炭酸泉。かつては対朝鮮航路の要港で、大森銀山の銀積み出し港として栄えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温泉津
ゆのつ

島根県中央部、邇摩(にま)郡にあった旧町名(温泉津町(まち))。現在は大田(おおだ)市の南西部を占める地域。日本海に臨む。旧温泉津町は、1903年(明治36)町制施行。1941年(昭和16)大浜村を編入、1954年湯里(ゆざと)、福波(ふくなみ)、井田(いだ)の3村と合併。2005年(平成17)大田市に合併。JR山陰本線、国道9号が通じる。沿岸は沈水海岸で湾入に富み天然の良港が多い。温泉津港は古くから栄え、とくに江戸期には大森銀山の積出し港として繁栄、明治期には山陰航路の港で木材、竹材、石見(いわみ)焼を積み出した。現在は漁港で、地域で産出する珪砂(けいさ)の積出し港でもある。地域の80%が山林で農林業を主とし、一本釣りなどの沿岸漁業が行われる。このほか温泉津焼、福光(ふくみつ)石とよばれる緑凝灰岩の切り出し加工、珪砂の精製などがある。鈴木大拙(だいせつ)によって宗教詩人・実質的哲学者と紹介された浅原才市(さいいち)(妙好人)の碑が宝樹山安楽寺にある。[石橋忠男]
『『温泉津町誌』全4巻(1994~1996・温泉津町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

温泉津の関連情報