コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今立 いまだて

2件 の用語解説(今立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今立
いまだて

福井県中央部,越前市北東部の旧町域。武生盆地の東部にある。 1926年粟田部村が町制施行。 1956年今立町に改称し,岡本村を編入。 2005年武生市と合体して越前市となった。地名は古代以来の郡名による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今立
いまだて

福井県中央部、今立郡にあった旧町名(今立町(ちょう))。現在は越前(えちぜん)市の東部を占める地域。旧今立町は1956年(昭和31)粟田部(あわたべ)町(1926年町制)が改称し、同年岡本村を編入。2005年(平成17)武生(たけふ)市と合併し越前市となる。JR武生駅からバスの便があり、国道417号が走る。武生盆地の一部をなす沃野(よくや)に位置し、『和名抄(わみょうしょう)』の味真郷(あじまごう)の一部にあたる。今立の中心は粟田部で商業が盛んである。イネの単作農業地帯で、零細農家が多く、農村総合モデル事業によって農業の近代化を図っている。旧町域の約69%が林野で占められ、県下で最高の人工林率を誇っている。工業は繊維、紙、紙加工、眼鏡枠などの製造が主である。とくに和紙、紙加工業は、古くから発達した伝統工業であり、越前和紙として全国にその名が知られている。観光地としてはサクラの名所花筐(かきょう)公園や和紙の里会館、国の重要文化財の大滝神社がある。[印牧邦雄]
『『今立町誌』(1981・今立町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今立の関連キーワード武生福井県越前市北小山町福井県越前市北府福井県越前市北府本町福井県越前市北坂下町福井県越前市北千福町福井県越前市北町福井県越前市北山町福井県越前市武生柳町福井県越前市中央

今立の関連情報