コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏ヶ浦 ほとけがうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏ヶ浦
ほとけがうら

青森県北東部,下北半島西海岸にある隆起海食台緑色凝灰岩海食崖奇石が独特の景観を呈する景勝地。 1941年名勝および天然記念物の指定を受ける。福浦から牛滝までの 3kmに及ぶ海岸で,佐井村に属する。海岸は海食作用によってできた凝灰岩の高さ 200~300mの断崖である。崖下には浸食から取残された岩石があり,仏像に似ているため,古くは仏宇陀 (ほとけがうだ) とも呼ばれ,仏宇多 (ほとけうた) とも呼ぶ。下北半島国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほとけ‐が‐うら【仏ヶ浦】

青森県下北半島の西部にある海岸。白緑色の凝灰岩が2キロメートルにわたって連なり、風浪浸食作用で仏像などに似た石ができたことからこの名がついた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほとけがうら【仏ヶ浦】

青森県下北半島西海岸,佐井村の福浦と牛滝の間約3kmの岩石海岸。仏宇多(ほとけうた)ともいう。緑色凝灰岩からなる海崖が浸食をうけて,大小さまざまな奇岩怪石をつくっている。その形が仏に似ており,岩には五百羅漢,観音岩,如来の首などの名前がつけられている。下北半島国定公園に属し,国の名勝・天然記念物。探勝は佐井港からの船によっているが,最近は道路も開通した。【横山 弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほとけがうら【仏ヶ浦】

青森県北東部、下北半島斧部西部の海岸。奇岩怪石が連なり、下北半島国定公園・仏ヶ浦海中公園となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕仏ヶ浦(ほとけがうら)


青森県下北(しもきた)半島西海岸にある断崖(だんがい)海岸。津軽(つがる)海峡の波が緑色凝灰(ぎょうかい)岩を浸食し、約1.5kmにわたって蓮華(れんげ)岩・屏風(びょうぶ)岩・五百羅漢(ごひゃくらかん)などの奇勝をつくる。国指定名勝・天然記念物。北の佐井(さい)港から遊覧船が出る(冬季運休)。福浦(ふくうら)崎近くに海中公園がある。仏宇多(ほとけうた)ともいう。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏ヶ浦
ほとけがうら

青森県下北(しもきた)半島西海岸、佐井村の福浦と牛滝(うしたき)間約3キロメートルにわたる岩石海岸。仏宇多(ほとけうた)ともいい、国指定名勝・天然記念物。緑色凝灰岩の海崖(かいがい)が侵食を受け、大小さまざまの奇岩・怪石が屹立(きつりつ)する。五百羅漢(らかん)、観音岩、十三仏、如来(にょらい)の首、一ツ仏、天蓋(てんがい)岩など仏教的な名前がつけられている。大町桂月(けいげつ)の「神のわざ鬼の手造り仏浦人の世ならぬ所なりけり」の歌碑が天竜岩の近くに立つ。元来、恐山(おそれざん)とは一体をなし、恐山に参詣(さんけい)したのち仏ヶ浦を巡拝したといわれる。探勝は佐井港からの遊覧船があり、海岸沿いには国道338号が通じる。下北半島国定公園域で、海域公園もある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

仏ヶ浦の関連キーワード青森県下北郡佐井村長後仏ヶ浦海域公園地区青森県下北郡佐井村脇野沢[村]佐井(村)青森(県)恐山山地遊覧船奇勝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android