コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮装行為 カソウコウイ

世界大百科事典 第2版の解説

かそうこうい【仮装行為】

仮装売買,仮装離婚などのように,当事者が通謀して,内心の意思と合致しないある具体的な法律効果を発生させるための法律行為をする場合に,その法律行為を仮装行為という。虚偽表示が法律行為の構成要素である意思表示に関するものであるのに対して,仮装行為は法律行為そのものに関するものである。仮装売買は売買する意思がないのに当事者が通謀して売買があったような外形を作出することである。虚偽表示に関する民法94条が適用される代表的な事例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かそうこうい【仮装行為】

相手方と通謀して、その同意の上で行う虚偽表示に基づく法律行為。通常、第三者を欺くために行う。例えば仮装売買など。 → 虚偽表示

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮装行為の関連キーワード第三者預合

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android