虚偽表示(読み)きょぎひょうじ

  • きょぎひょうじ ‥ヘウジ
  • きょぎひょうじ〔ヘウジ〕
  • ドイツ
  • 虚偽表示 Scheingeschäft

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相手方と通謀して外形上意思表示があったかのように仮装することをいう (民法 94条1項) 。たとえば,差押えを免れるため友人と謀して彼に譲渡したものと仮装するなど。また一部有効な行為があった場合でも,たとえば,売買は真実行われたが,その代金半額だと仮装するなどは虚偽表示となる。虚偽表示は真実の意思を伴っていないから無効であるが (1項) ,取引の安全を保護するため,善意第三者に対してその無効を主張することができない (2項) 。なお,虚偽表示を通謀虚偽表示心裡留保単独虚偽表示とし,両方をあわせて広義に用いる場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

債権者からの強制執行を免れることなどを目的として,ある者(表意者という)が,相手方と通謀して,真意でないことを承知のうえで意思表示することをいう。たとえば,が所有する不動産に贈与する意思がないのに,妻と合意のうえで,贈与したことにして夫から妻へ移転登記をする場合などである。また,たとえば,冗談ABに100万円を贈与するというように,表意者が,相手方と通謀することなく,真意でないことを承知のうえで意思表示をすることも広い意味で虚偽表示と呼ぶことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

相手方と通謀してなした真意でない意思表示。当事者間では無効であるが、善意の第三者に対してはその無効を主張できない。
産業財産権がないのに、あるかのように虚偽の表示をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 法律で、相手方としめし合わせて行なう仮装の意思表示。当事者間では無効であるが、事情を知らない第三者には無効であることを主張できない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

虚偽表示の関連情報