コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財田 さいた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財田
さいた

香川県西部,三豊市南部の旧町域。財田川の上流域にあり,讃岐山脈北斜面から三豊平野南東部に位置する。 1970年町制。 2006年高瀬町,山本町,三野町,豊中町,詫間町,仁尾町の6町と合体して三豊市となった。農地は主として財田川沿岸の沖積地と周囲の洪積台地に広がり,米作のほか,野菜栽培,畜産も行なわれる。果物などの缶詰工場がある。香川用水阿讃トンネル導水路の出口にあたる。南東端に徳島への交通の要地猪鼻峠がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財田
さいた

香川県西部、三豊(みとよ)郡にあった旧町名(財田町(ちょう))。現在は三豊市の南東部を占める一地区。讃岐(さぬき)山脈によって徳島県と接する山間農村。1970年(昭和45)町制施行。2006年(平成18)高瀬(たかせ)、山本(やまもと)、三野(みの)、豊中(とよなか)、詫間(たくま)、仁尾(にお)の6町と合併して市制施行、三豊市となる。旧町域は讃岐山脈の山間地と財田川沿いの沖積地からなる。南部の猪鼻(いのはな)峠にはJR土讃線と国道32号が通り、香川県と徳島、高知両県を結ぶ重要な交通路となっている。農業が中心産業で、特産物にタケノコ、ミカン、キュウリがあり、農産物の缶詰加工工場もある。雨乞(あまご)いの弥与苗(やよな)・八千歳(やとせ)踊は県指定無形民俗文化財。[稲田道彦]
『『財田町誌』(1972・財田町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

財田の関連キーワード山本(香川県)高瀬(香川県)三野(香川県)観音寺[市]大久保彦三郎香川県三豊市観音寺(市)三木 静次郎大久保諶之丞三豊(市)伊藤 一郎まんのう町豊中[町]花岡 タネ仲南〈町〉三豊[市]財田[町]山本[町]財田〈町〉山本〈町〉

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財田の関連情報