コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業福祉 きぎょうふくし

世界大百科事典 第2版の解説

きぎょうふくし【企業福祉】

労働者の生活安定のための福祉諸施策のうち,主として企業の費用負担と管理で運営される福利厚生施設や各種福祉活動をいう。その領域は,住宅,医療・保健,給食,物資供給,理美容,託児所慶弔共済貸付金,退職給付,社会保険付加金,教養・娯楽・体育・レクリエーションなど多方面にわたる。これらは,国家の公的福祉政策や労働組合および協同組合による労働者福祉事業(労働者福祉運動)とは違って,企業が主体であるところから,労働者の定着,能率の向上,労使関係の安定と企業内包摂などの労務管理的機能が前面に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業福祉
きぎょうふくし

企業内福利厚生」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

企業福祉の関連キーワード企業意識児童手当生活保障社会保障福利厚生

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業福祉の関連情報