コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形制度 ざいけいせいど

4件 の用語解説(財形制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

財形制度【ざいけいせいど】

勤労者財産形成制度の略称。勤労者の貯蓄や持家取得の促進のため,勤労者財産形成促進法(1971年)により創設。現在,次の3つの柱からなる。(1)勤労者がその賃金の一部をもって行う長期の貯蓄を援助促進する財形貯蓄制度(第1財形)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ざいけいせいど【財形制度】

勤労者財産形成制度の通称。第2次大戦後のヨーロッパ諸国に生まれた制度で,EC加盟国はそれぞれ財形制度をもっている。とくに西ドイツは,社会保障を充実する一方,勤務者の財産形成と経営参加などの社会的政策を推進し,1952年3月公布の〈住宅建設割増金法〉,59年5月公布の〈貯蓄割増金法〉から始まって,61年7月公布の〈第1次財産形成促進法〉,65年7月公布の〈第2次法〉,70年6月公布の〈第3次法〉に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財形制度
ざいけいせいど

勤労者財産形成促進制度」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財形制度
ざいけいせいど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財形制度の関連キーワード勤労者財産形成促進制度財形融資勤労者財産形成制度財形財形貯蓄財形給付金保険財形給付金保険・財形給付金傷害保険財形基金保険・財形基金傷害保険財産形成保険勤労者財産形成促進法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone