コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形制度 ざいけいせいど

4件 の用語解説(財形制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

財形制度【ざいけいせいど】

勤労者財産形成制度の略称。勤労者の貯蓄や持家取得の促進のため,勤労者財産形成促進法(1971年)により創設。現在,次の3つの柱からなる。(1)勤労者がその賃金の一部をもって行う長期の貯蓄を援助促進する財形貯蓄制度(第1財形)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざいけいせいど【財形制度】

勤労者財産形成制度の通称。第2次大戦後のヨーロッパ諸国に生まれた制度で,EC加盟国はそれぞれ財形制度をもっている。とくに西ドイツは,社会保障を充実する一方,勤務者の財産形成と経営参加などの社会的政策を推進し,1952年3月公布の〈住宅建設割増金法〉,59年5月公布の〈貯蓄割増金法〉から始まって,61年7月公布の〈第1次財産形成促進法〉,65年7月公布の〈第2次法〉,70年6月公布の〈第3次法〉に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財形制度
ざいけいせいど

勤労者財産形成促進制度」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone