伊予[市](読み)いよ

百科事典マイペディアの解説

伊予[市]【いよ】

愛媛県中部,伊予灘に面する市。1955年市制。中心は旧郡中町で,藩政中期以後郡中港の港町として繁栄,1930年予讃線開通後は内海航路の要港でもあった。松山市伊予鉄道でも連絡。特産の花がつおは全国一の生産額,砂丘でのタマネギ,カボチャ促成栽培,傾斜地でのミカン,ビワ栽培も盛ん。2005年4月伊予郡中山町,双海町を編入。194.44km2。3万8017人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いよ【伊予[市]】

愛媛県中央部,松山平野の南西端に位置する市。1955年郡中町と南伊予,北山崎,南山崎の3村が合体して市制,改称。人口3万0270(1995)。市街の中心地郡中は近世には牛子ヶ原とよばれた海沿い原野であったが,1636年(寛永13)上灘出身の宮内兄弟によって開発され,大洲藩の在町として発展した。1896年松山市から伊予鉄道郡中線が延び,1930年予讃本線(現,予讃線)が通じて県都松山との結合が強まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android