コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予[市] いよ

百科事典マイペディアの解説

伊予[市]【いよ】

愛媛県中部,伊予灘に面する市。1955年市制。中心は旧郡中町で,藩政中期以後郡中港の港町として繁栄,1930年予讃線開通後は内海航路の要港でもあった。松山市伊予鉄道でも連絡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いよ【伊予[市]】

愛媛県中央部,松山平野の南西端に位置する市。1955年郡中町と南伊予北山崎,南山崎の3村が合体して市制,改称。人口3万0270(1995)。市街の中心地郡中は近世には牛子ヶ原とよばれた海沿い原野であったが,1636年(寛永13)上灘出身の宮内兄弟によって開発され,大洲藩の在町として発展した。1896年松山市から伊予鉄道郡中線が延び,1930年予讃本線(現,予讃線)が通じて県都松山との結合が強まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊予[市]の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門斎藤寅次郎新藤兼人コーマン野村芳太郎久松静児マキノ雅広森一生川島雄三

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android