伊予三島(読み)いよみしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊予三島
いよみしま

愛媛県東部,燧灘に面する地区。旧市名。 1954年三島,寒川 (さんがわ) の2町と松柏,豊岡,富郷,金砂の4村が合体して市制。 2004年4月,川之江市,新宮村,土居町と合併し四国中央市となる。北部に平地が東西に細長く広がり,中央の山地内を銅山川東流する。製紙業を中心とする工業都市で,上質紙,新聞用紙,包装紙,コピー紙の工場が多い。寒川地区の障子紙などの和紙は有名で,手漉きから機械漉きに代わっている。北端の村松地区は全国有数の水引きと水引き細工の産地。地区中央部に金砂湖,富郷渓谷などを中心とする金砂湖県立自然公園がある。下柏の大柏 (イブキ) は天然記念物。市街地北部を JR予讃線,国道 11号線が通じ,松山自動車道のインターチェンジがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊予三島
いよみしま

愛媛県東部にあった旧市名(伊予三島市)。現在は四国中央市の中央部を占める一地域。1954年(昭和29)三島、寒川(さんがわ)の2町と松柏(しょうはく)、豊岡、富郷(とみさと)、金砂(きんしゃ)の4村が合併して市制施行。2004年(平成16)川之江(かわのえ)市、土居(どい)町、新宮(しんぐう)村と合併、四国中央市となる。旧伊予三島市は、北は燧灘(ひうちなだ)に臨み、南は高知県と接する。JR予讃(よさん)線、国道11号、319号、松山自動車道が通じ、三島川之江インターチェンジがある。三島宮川に四国中央市役所が置かれている。旧三島町は古くは三島荘(しょう)、または大三島の三島神社(大山祇神(おおやまつみのかみ))に由来する。江戸時代には松山、今治(いまばり)、西条諸藩領に分割され、領有交替が多かったが、幕府直轄領もあったことは、別子(べっし)銅山をはじめ鉱山が多く、開発を積極的に進めたことによる。地域の80%以上が山地で、中南部の銅山(どうざん)川流域の富郷渓谷、金砂湖などは山間休養地となっている。瀬戸内海沿岸のわずかな低地では、この地方特有のやまじ風(南寄りの強風)が吹くため、とくに寒川地区の耕地にサトイモや球根類の栽培をみる。東隣の旧川之江市とともに西日本最大の製紙業地として知られる。文政(ぶんせい)年間(1818~1830)にコウゾ、ミツマタを原料とした半紙生産がおこり、明治に入って機械漉(す)きが導入された。さらに昭和初期には洋紙生産が着手された。製紙工場は三島から寒川にかけて集中し、手漉き障子紙、奉書紙、新聞紙、包装紙、段ボール、衛生紙なども生産する。伝統製品としては村松地区の水引細工がある。工業用水は銅山川に依存する。[横山昭市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊予三島の関連情報