コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊奈[町] いな

百科事典マイペディアの解説

伊奈[町]【いな】

茨城県南西部,筑波郡の旧町。1985年町制。北東部は台地で,南西部は小貝(こかい)川沿いの低地町名は江戸時代初期,小貝川治水に貢献した伊奈忠治に由来。稲作のほかネギ,ニンジンなどの栽培が盛ん。

伊奈[町]【いな】

埼玉県東部,北足立(きたあだち)郡の町。大宮台地の東縁にあたり,東端綾瀬川が流れる。米麦中心の純農村地帯であったが,都市化とともに人口が増加している。果樹・施設野菜・植木栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いな【伊奈[町]】

茨城県南西部,筑波郡の町。人口2万6265(1995)。小貝川をはさみ,取手市の北に位置する。北東部は台地,南西部は小貝川沿いの低地である。江戸時代初期,伊奈忠治・忠克父子の治水事業により沼沢地の開発が進み,〈谷原三万石〉といわれた米どころとなった。町名も,伊奈氏にちなむ。水田単作地帯であったが,近年ネギ,ニンジンなどの露地野菜や施設園芸が増えている。筑波研究学園都市や取手市に隣接するため宅地開発がすすみ,常磐新線が工事中で,谷和原村との境の台地につくられる新駅周辺では県により区画整理事業がすすめられている。

いな【伊奈[町]】

埼玉県東部,北足立郡の町。1970年町制。人口2万9792(1995)。上尾市の東に接し,町域は大宮台地東縁から綾瀬川の低地にかけて広がる。町名は近世にこの地に陣屋を構えた関東郡代伊奈忠次の名にちなむ。鉄道から離れ,1960年代半ばまでは米麦主体の純農村であったが,60年代後半から人口が増加しはじめ,70‐80年には人口が倍増,上尾,大宮や東京方面への通勤者が増えている。県道沿いには金属,機械関係の小工場が進出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の伊奈[町]の言及

【綱火】より

…戦国時代には通信用に使われたという。現在は一般には茨城県筑波郡伊奈村の小張(おばり)(8月24日)と,同じ伊奈村高岡(旧正月24日,旧7月23日)の愛宕神社の祭礼に行われている薬発走線人形花火を指す。おそらく愛宕さまを迎える愛宕火として行われたものであろうが,除厄祈雨の伝えもある。…

※「伊奈[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊奈[町]の関連キーワード間宮林蔵

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊奈[町]の関連情報