コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊方[町] いかた

百科事典マイペディアの解説

伊方[町]【いかた】

愛媛県西部,佐田岬半島全域を占める西宇和郡の町。伊方杜氏(とうじ)の出身地として知られ,盛時南予,大分,土佐などへ出稼(でかせぎ)した。柑橘(かんきつ)類の栽培,養豚が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いかた【伊方[町]】

愛媛県西部,西宇和郡の町。人口7149(1995)。佐田岬半島の基部に位置し,北は伊予灘,南は宇和海に面する。町域の大部分は山地が占め,宇和海上にある無人島の黒島烏島を含む。古来伊方杜氏の本場で,最盛期には数百人が南予,土佐,九州方面に出かけた。農漁業が基幹産業で,傾斜地ではかんきつ類の栽培,養豚などが行われる。1977年に九町越に建設された原子力発電所が運転を開始した。黒島,烏島,女子岬,堂々山,荒茅は佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android