伊方[町](読み)いかた

百科事典マイペディアの解説

伊方[町]【いかた】

愛媛県西部,佐田岬半島全域を占める西宇和郡の町。伊方杜氏(とうじ)の出身地として知られ,盛時南予,大分,土佐などへ出稼(でかせぎ)した。柑橘(かんきつ)類の栽培,養豚が盛ん。漁業も行う。1977年,四国電力原子力発電所が運転開始。国道197号線が通じ,大分市への航路がある。2005年4月西宇和郡瀬戸町,三崎町を編入。93.98km2。1万882人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いかた【伊方[町]】

愛媛県西部,西宇和郡の町。人口7149(1995)。佐田岬半島の基部に位置し,北は伊予灘,南は宇和海に面する。町域の大部分は山地が占め,宇和海上にある無人島の黒島烏島を含む。古来伊方杜氏の本場で,最盛期には数百人が南予,土佐,九州方面に出かけた。農漁業が基幹産業で,傾斜地ではかんきつ類の栽培,養豚などが行われる。1977年に九町越に建設された原子力発電所が運転を開始した。黒島,烏島,女子岬,堂々山,荒茅は佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android