コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊方[町] いかた

2件 の用語解説(伊方[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊方[町]【いかた】

愛媛県西部,佐田岬半島全域を占める西宇和郡の町。伊方杜氏(とうじ)の出身地として知られ,盛時は南予,大分,土佐などへ出稼(でかせぎ)した。柑橘(かんきつ)類の栽培,養豚が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いかた【伊方[町]】

愛媛県西部,西宇和郡の町。人口7149(1995)。佐田岬半島の基部に位置し,北は伊予灘,南は宇和海に面する。町域の大部分は山地が占め,宇和海上にある無人島の黒島,烏島を含む。古来伊方杜氏の本場で,最盛期には数百人が南予,土佐,九州方面に出かけた。農漁業が基幹産業で,傾斜地ではかんきつ類の栽培,養豚などが行われる。1977年に九町越に建設された原子力発電所が運転を開始した。黒島,烏島,女子岬,堂々山,荒茅は佐田岬半島宇和海県立自然公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊方[町]の関連キーワード宇和海伊方宇和島大洲西予八幡浜伊方きらら館瀬戸農業公園酒井宗太郎日々の力

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone