コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊方町 いかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊方〔町〕
いかた

愛媛県西部,佐田岬半島を占める町。 1955年伊方村と町見村が合体して町制。 2005年瀬戸町,三崎町と合体。北の伊予灘側は断層海岸。南の宇和海側はリアス海岸で,集落は入江の湾奥に発達。サザエアワビテングサなどの採取が盛ん。古くから伊方杜氏の出身地で南予,九州,土佐方面の酒造りに携わる。段々畑を利用して柑橘類,野菜の抑制・促成栽培が行なわれる。伊予灘側に伊方原子力発電所があるほか,内陸部の山地に風力発電施設が点在する。宇和海側は佐田岬半島宇和海県立自然公園,西部は瀬戸内海国立公園に属する。半島を貫く佐田岬メロディーラインが国道 197号線のバイパスとして整備され,東西に横断する。三崎港から大分県の別府,佐賀関へそれぞれフェリーが通じる。面積 93.98km2。人口 9626(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いかた‐ちょう〔‐チヤウ〕【伊方町】

伊方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

伊方町の関連キーワード劉邦高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓農家柔道地方議員の年金北九州八幡東病院全国高校駅伝

伊方町の関連情報