コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊那節 イナブシ

5件 の用語解説(伊那節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いな‐ぶし【伊那節】

長野県伊那地方の民謡。祝儀歌・盆踊り歌としてうたわれ、古くは御嶽山(おんたけさん)節といわれた。「天竜下ればしぶきに濡れる」は大正5年(1916)の新作歌詞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊那節【いなぶし】

伊那地方の代表的民謡。天竜川下りの歌として知られるが,明治末までは〈御岳山(おんたけさん)〉などの名で,広く信濃や三河,飛騨などの山間地にかけて,祝歌,仕事歌として歌われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いなぶし【伊那節】

天竜川流域の長野県伊那谷地方の祝歌,盆踊歌。現行の歌詞は1916年に伊那風景探勝会が,観光宣伝を目的に募集したもので,入選作の一つ。作詞は小笠原秀雄。元歌は伊那と木曾を結ぶ権兵衛峠の〈馬子唄〉でもある,この地方で古くからうたわれていた《御岳節》で,囃子詞〈ア ソリャコイ アバヨ〉は峠を往来する馬子たちの挨拶からできたものだという。33年7月市丸が歌ったレコードが発売され,全国的に流行した。【須藤 豊彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いなぶし【伊那節】

長野県の民謡で、酒盛り唄・盆踊り唄。もと「御岳おんたけ節」といった。「天竜下れば」「桑の中から」などの新作歌詞により全国に流行。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊那節
いなぶし

長野県天竜川沿い伊那谷(いなだに)で歌われてきた民謡。今日では、大正時代の初め天竜川下り舟遊びの観光宣伝に一般から募集した際の入選作「天竜下ればしぶきにぬれる……」という歌詞で代表されるが、これよりもっと古いものがある。「木曽(きそ)へ木曽へとつけ出す米は 伊那や高遠(たかとお)のお蔵米(くらまい)……」の歌詞で始まるこの『伊那節』の源流は、信濃(しなの)国(長野県)や隣り合わせる国々の山間部で、祝い唄(うた)、労作唄、盆踊り唄として歌われていた『御岳山節(おんたけさんぶし)』である。元禄(げんろく)年間(1688~1704)木曽谷と伊那谷とを結ぶ権兵衛(ごんべえ)峠が切り開かれてから『御岳山節』は馬子や宿場の女たちによって広められた。明治時代末、長野市で開催された共進会で公開され、以後『伊那節』の名で全国的に有名になった。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊那節の関連キーワード伊那盆地天竜川三峰川伊那谷道中伊那[市]三六災害喬木[村]天竜[村]中川[村]泰阜[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone