コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会する カイスル

デジタル大辞泉の解説

かい・する〔クワイする〕【会する】

[動サ変][文]くゎい・す[サ変]
ある場所に寄り集まる。「一堂に―・する」
ある場所で一緒になる。複数のものが出あって一つになる。「すべてこの一点に―・する」
人や物事と出あう。あう。「非常な困難に―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいする【会する】

( 動サ変 ) [文] サ変 くわい・す
何人かの人が集まる。寄り合う。会合する。 「一堂に-・する」
物事が一点に集まる。 「三本の直線が一点に-・する」
集める。集合させる。 「帝、紫微の宮に坐し群仙を-・して曰く/不二の高根 麗水

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

会するの関連キーワード広島国際アニメーションフェスティバルゴールデン・グローブ賞アッカーマンの原理倶会一処・俱会一処毒にんじんとその後旗鼓の間に相見ゆデザルグの定理常任委員会制度アベンジャーズ国際博物館会議LNG産消会議カムループススペイン広場フォービスムやまば歯車アスガルズ新薄雪物語四岳・四嶽熊谷(市)リジャイナ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会するの関連情報