コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見える マミエル

デジタル大辞泉の解説

ま‐み・える【見える】

[動ア下一][文]まみ・ゆ[ヤ下二]《「みえる」は見られるの意で、相手から見られるというところから》
「会う」の意の謙譲語。お目にかかる。「主君に―・える」
顔を合わせる。対面する。「両雄相―・える」
妻として夫に仕える。「貞女は二夫に―・えず」

み・える【見える】

[動ア下一][文]み・ゆ[ヤ下二]
目に映る。目で確認できる。「今夜は星も―・えない」
見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
判断される。見受けられる。そのように感じられる。「とても高校生に―・えない」「あのようすでは失敗したと―・える」「年より若く―・える」
見つかる。「置いたはずの眼鏡が―・えない」
来る」の尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。「先生が―・えました」
人に見られる。世間に見られる。
「すいたる名立ちて―・え騒がれ侍りしかば」〈宇津保・藤原の君〉
人に会う。対面する。
「―・えもせむ見もせむ人を朝ごとに起きては向かふかがみともがな」〈和泉式部集・上〉
結婚する。夫婦として連れ添う。
「女は男に―・ゆるにつけてこそ」〈・若菜上〉
[下接句]魚(うお)の目に水見えず餓鬼の目に水見えず先が見える鳶(とび)も居ずまいから鷹(たか)に見える・目に見えて・目に見える山が見える

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まみえる【見える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 まみ・ゆ
〔目見ゆの意〕
「会う」の意の謙譲語。お目にかかる。 「閣下に-・える」
顔を合わせる。対面する。 「敵と相-・える」
妻として夫につかえる。 「貞女は二夫じふに-・えず/平家 9

みえる【見える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 み・ゆ
目に物の形などが感じられる。
物が視界の中にある。目にうつる。目にはいる。 「この部屋からは海がよく-・える」 「声はすれども姿は-・えず」
目で知覚できる。見ることができる。 「黒板の字がよく-・えない」 「今夜は星がよく-・える」
(文または句を受けて)…が…するのが目で見て知覚される。 「子供がこっちへ走ってくるのが-・える」 「奈呉の海人の釣する小舟漕ぎ隠る-・ゆ/万葉集 4017」 「箱根路を我が越え来れば伊豆の海や沖の小島に波の寄る-・ゆ/金槐
見たところ、様子が…であると感じられる。
ある物が…のように感じられる。…みたいだ。 「白い雲が羊のように-・える」 「一見、強そうに-・える」 「落ちそうに-・えて落ちない」 「実際よりもふけて-・える」
見て判断される。…と見受けられる。 「これからどこかへ出かけるところと-・える」 「よほどくやしかったと-・えて涙を流していた」
抽象的なものの存在がわかる。見て取れる。看取される。 「工夫の跡が-・える」 「少しも反省の色が-・えない」 「景気回復のきざしが-・えてきた」
「来る」の尊敬語。おいでになる。 「お客さんがお-・えです」
他の人に見られる。 「此の朝臣に-・ゆるこそ恥かしけれ/宇津保 蔵開中
他人に見せる。 「(男達ハカグヤ姫ニ対シテ)あながちに心ざしを-・えありく/竹取」
貴人に対面する。会う。まみえる。 「(亡クナッタ殿ニ)-・えにたるか、いかに、と言へば/宇治拾遺 15
妻になる。結婚する。 「あひおぼさざりける人に-・えけることと、いとつらく思ひたれば/落窪 1
[慣用] 先が- ・目に- ・山が-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

見えるの関連キーワードはと(鳩)座スターダストかわたれ星見越しの松目に触れる煙月・烟月異彩を放つ目路・眼路見え渡る逆さ富士目に立つ向こう山目に入る謙譲語水様液平家星源氏星丸見え透ける視地平

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見えるの関連情報