コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性軟属腫(みずいぼ) でんせんせいなんぞくしゅみずいぼ Molluscum Contagiosum

1件 の用語解説(伝染性軟属腫(みずいぼ)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

でんせんせいなんぞくしゅみずいぼ【伝染性軟属腫(みずいぼ) Molluscum Contagiosum】

[どんな病気か]
 ポックスウイルス科の伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)ウイルスの感染によっておこる病気です。幼児期から小学生の間に、80%以上の子どもがかかるといわれています。感染経路は直接接触感染や、かくことによる自家感染、スイミングプールでのビート板などを介する間接接触感染などです。とくにアトピー性皮膚炎(せいひふえん)の子どもには感染しやすいようです。
 できるいぼは、1~5mm大で半球状、つるっとした白色調のイボで、大きいものは真ん中に小さな凹(くぼ)みがあります。
 自然に消えていくものですが、その時期を予測することはできません。放っておくと数が増えて広がったり、人に感染することになりますから、治療を受けましょう。
[治療]
 特別なピンセットを使って内容物をしぼり出す方法が一般的です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

伝染性軟属腫(みずいぼ)の関連キーワードPPVヘルペスウイルス鯉ヘルペスウイルス種痘ウイルスステルスウイルスヒト免疫不全ウイルスプラムポックスウイルスB型肝炎ウイルスがんウイルス伝染性肝炎ウイルス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝染性軟属腫(みずいぼ)の関連情報