コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東郷荘 とうごうのしょう

百科事典マイペディアの解説

東郷荘【とうごうのしょう】

伯耆国河村郡の荘園。現鳥取県湯梨浜町にある東郷池の周辺地域一帯。京都松尾(まつのお)大社領。立荘の年次・経緯は不明。1258年に下地中分され,その際に作成された絵図が荘名の初見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうごうのしょう【東郷荘】

中世,伯耆国河村郡(戦国期は久米郡に属する)にあった京都松尾神社領荘園。平安末期に成立した河村郡東郷が荘園に転化したものと推定されるが,荘園成立の時期および成立過程等については明らかでない。1258年(正嘉2)11月に作成された有名な〈伯耆国河村郡東郷荘下地中分図〉がその史料的初見で,これによるとその荘域は東郷池周辺地域一帯,今日の鳥取県東伯郡東郷町,羽合町と泊村の一部をその中に含んでいた。下地中分の主体となった地頭名は不明だが,中分は地頭方=東方,領家方=西方を原則とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東郷荘
とうごうのしょう

中国地方にあった京都嵐山(あらしやま)の松尾(まつお)大社領荘園。伯耆(ほうき)国河村(かわむら)郡内の東郷池とその周辺(現鳥取県東伯(とうはく)郡湯梨浜(ゆりはま)町付近)にあり、平安末期に成立した。1258年(正嘉2)11月付けの「伯耆国河村郡東郷荘下地中分図(したじちゅうぶんのず)」が史料上の初見である。この図で天神(てんじん)川の流路などの実態と、荘園を領家(りょうけ)と地頭(じとう)とが折半する際の具体的な様相がわかる。とくに領家は西方、地頭は東方と池を中心として分けながら、耕地、集落、山野それぞれでも均等に分けることを目標とし、現地に堀切を設けようとした点は特徴的である。室町期には守護山名(やまな)氏の領国制により、松尾大社領としての実を失う。荘域に伯耆一宮(いちのみや)の倭文(しどり)神社がある。[三木 靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例