コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応天門の変 おうてんもんのへん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応天門の変
おうてんもんのへん

貞観8 (866) 年,大内裏八省院の正門応天門が炎上した事件をめぐる宮廷の政変。応天門の炎上は放火とされ,最初は伴善男の証言により,源信の仕業とみられていたが,藤原良房の工作により,源信は罰せられず,逆に伴善男が真犯人とわかり処罰された。伴善男は源信の失脚をはかったのであったが,この事件により一族はほとんど政界から追放され,古代からの名門大伴氏の声望は失われ,反対に藤原良房の名声が高まり,北家の栄達,摂関政治への道が開かれることとなった。国宝『伴大納言絵巻』はその顛末を描いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうてんもん‐の‐へん【応天門の変】

貞観8年(866)応天門の炎上をめぐる事件。大納言伴善男(とものよしお)は左大臣源信(みなもとのまこと)の仕業と唱えて処罰を主張したが、藤原良房らによってかえって善男の子中庸(なかつね)の放火とされ、善男父子は遠流(おんる)となった。藤原氏の摂関政治確立へとつながった事件。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

応天門の変【おうてんもんのへん】

藤原氏が勢力を伸ばす契機となった疑獄事件。866年応天門が炎上し,大納言伴善男(とものよしお)は左大臣源信(みなもとのまこと)の放火だと訴えたが,藤原良房(よしふさ)らの工作で無実となった。
→関連項目大伴氏伴大納言絵巻

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうてんもんのへん【応天門の変】

866年(貞観8)におこった応天門炎上をめぐる政治疑獄事件。承和の変などとともに藤原氏の他氏排斥事件の一つといわれている。事件の発端はこの年閏3月10日夜に朝堂院の正門である応天門が炎上したことであった。最初大納言伴善男(とものよしお)は左大臣源信の所業としてその処罰を主張したが,太政大臣藤原良房らの工作で無実が明らかになった。ところが8月3日に左京の備中権史生大宅鷹取が伴善男・中庸父子が真犯人であると告げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうてんもんのへん【応天門の変】

866年、応天門の炎上をめぐる政変。大納言伴善男とものよしお(大伴氏)は左大臣源信みなもとのまことの放火としてその失脚を謀ったが、善男の子中庸のしわざとの訴えがあり、善男父子は遠流、共謀者の伴氏・紀氏の一族も流罪となった。この事件により、藤原氏摂関政治の基礎が確立された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応天門の変
おうてんもんのへん

866年(貞観8)平安宮大内裏(だいだいり)の正門である応天門の炎上をめぐる政治的陰謀事件。応天門の炎上(閏(うるう)3月10日)からしばらくたって、門に火をつけさせたのは左大臣の源信(まこと)であると口火を切ったのが、時の右大臣藤原良相(よしみ)と大納言(だいなごん)伴善男(とものよしお)であった。その経過は、かならずしも明確ではないが、彼らは、左近衛(さこんえ)中将参議の藤原基経(もとつね)に事の由を告げ、基経は養父の太政(だいじょう)大臣藤原良房(よしふさ)にこれを知らせ、良房が源信を擁護したとも、あるいは良相、善男が兵を発して源信の家を包囲させ、これを知った良房が事の真相を探ったとも伝えられている。こののち、良房の工作で源信は難を逃れたものの政界からは身を引いた。
 このような混乱があったのち、応天門に火をつけたのは伴善男・中庸(なかつね)父子らの共謀によるものであると、備中権史生(びっちゅうごんのししょう)大宅鷹取(おおやけのたかとり)が訴え出たため、善男父子が放火の犯人として取り調べを受けることになった。善男は、あくまでも犯行を否認し続けていたが、結局、放火犯と断定されて、父子は伊豆、隠岐(おき)に遠流となり、関係者も配流の刑に処せられた。
 事件の真相はつかみにくいが、当時の政局の動きから察すると、藤原良房・基経らが、源信や伴善男を政界から追放するために、応天門の炎上を巧みに利用して、初めは善男らを動かして源信を抑え、のちには伴善男を罪人に仕立てて政界から駆逐したとみなされる。良房は、この事件を契機に人臣初の「摂政(せっしょう)」となり、藤原氏による摂関政治の創始に力を注ぐことになった。[佐伯有清]
『佐伯有清著『伴善男』(1970・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の応天門の変の言及

【伴大納言絵詞】より

…平安時代の絵巻。866年(貞観8)応天門に放火して,その罪を政敵である左大臣,源信(みなもとのまこと)に負わせようとした大納言伴善男(とものよしお)(809‐868)の陰謀が偶然のことから露顕し,逆に伴大納言が失脚するという史実(応天門の変)を,ドラマティックに脚色して描いた説話絵巻の代表作。12世紀後半,後白河院周辺で活躍した宮廷絵師常盤光長の作と推定される。…

【藤原基経】より

…851年(仁寿1)16歳のときに文徳天皇から加冠されて元服し,蔵人,左兵衛佐,少納言,侍従などを経て,清和天皇が即位した直後の858年(天安2)10月に蔵人頭となった。ついで864年(貞観6)29歳で参議となり,翌々年の応天門の変では,父良房とともに政敵伴善男を失脚させることに成功し,その年12月には従三位となり7人を超えて中納言となった。ついで左大将,大納言を経て,872年太政大臣藤原良房の死の直前に正三位右大臣となった。…

【平安時代】より

…一方,嵯峨天皇の腹心として活躍した藤原冬嗣は,廟堂における北家藤原氏の優位を確立し,冬嗣の後を継いだ良房は,承和の変を機として,伴氏,橘氏等を朝廷から排除し,冬嗣の外孫文徳天皇を皇位につけることに成功した。ついで良房は人臣最初の太政大臣に任命され,その外孫清和天皇が幼少で即位するや,事実上執政の権を握り,さらに866年(貞観8)応天門の変を機に摂政の詔をこうむり,藤原摂関制へ道を開いた。 しかしその道は必ずしも平坦ではなく,宇多天皇の強烈な抵抗にあい,醍醐天皇の親政の意欲の前に,しばらく足ぶみせざるをえなかった。…

【放火】より

…戦時・平時に故意に居宅・財物を焼くこと。戦術としての放火は焼打とも呼ばれた。
[古代]
 山背大兄王(やましろのおおえのおう)と蘇我入鹿が軍事的衝突をしたとき,斑鳩宮(いかるがのみや)が焼かれ,蝦夷征討過程で村落が焼き払われ,平将門の乱のとき伴類らの居宅が焼掃されたごとく,軍事作戦の一環として放火が行われたが,政治的緊張がたかまった状況下で,不満をもつ者が放火にはしることが珍しくなかった。平安京内で宮殿や貴族の邸宅がしばしば焼落しているが,不満をもつ者の放火による場合が多く,任国の百姓が受領(ずりよう)の屋敷に放火することもあった。…

※「応天門の変」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

応天門の変の関連キーワード藤原良相(ふじわらのよしみ)伴大納言絵詞香南(市)貞観時代生江恒山清和天皇南淵年名藤原基経藤原良相藤原有国伴河男紀夏井伴中庸大伴野市

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android