コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴大納言絵巻 ばんだいなごんえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伴大納言絵巻
ばんだいなごんえまき

貞観8 (866) 年,大納言伴善男 (とものよしお) が政敵の左大臣源信 (まこと) を陥れようと応天門に放火し,事の真相が露呈して伊豆に配流された事件を絵巻としたもの。後白河院の宮廷で活躍した絵師常磐光長によって,嘉応2 (1170) 年前後に描かれたと推定される。紙本着色,3巻。国宝。出光美術館蔵。人物の姿態,表情を自在に描き分ける柔軟な線描,こまやかな色感,バランスのとれた画面構成が特色。風俗,群衆描写も的確で,高度な伝統に立つ宮廷画家の洗練された技法をうかがわせる。詞書は藤原教長筆との説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

伴大納言絵巻【ばんだいなごんえまき】

平安末期の説話絵巻。3巻。紙本着色。応天門の変にからむ大納言伴善男(とものよしお)の策謀と失脚を描く。作者は常磐(ときわ)光長と推定される。柔軟で細かな筆で,全体の構図を考えながら人物の動きを生き生きと描き,華麗で劇的な画面を展開。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

伴大納言絵巻

平安時代末期の絵巻(1170頃)。『伴大納言絵詞』とも呼ばれる。「応天門の変」を題材として描かれたもので、作者は常盤光長とされる。国宝。東京、出光美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

伴大納言絵巻の関連キーワード田中訥言有職故実山本雅幸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android